Home 海外NEWS マイク・ミルズ新作でアネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング共演

マイク・ミルズ新作でアネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング共演

マイク・ミルズ新作でアネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニング共演
0

マイク・ミルズ監督の新作『20th Century Women』にアネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニングが出演します。


『20th Century Women』は1979年、アメリカのサンタバーバラ舞台に、パンクなティーンエイジャーの息子を持つ母親ドロシー(アネット・ベニング)が息子ジェミーを良き方向に導こうとするお話。
そこに2人の女性が関わります。1人はパンク・ムーブメントをおっかけている、久々に故郷に戻ってきた写真家(グレタ・ガーウィグ)、彼女は最終的にはドロシー、ジェミーと同居します。
もう1人がジェミーの同級生の女の子(エル・ファニング)。彼女はボーイフレンドの母親であるドロシーと対峙します。

『人生はビギナーズ』監督のマイク・ミルズの新作は、70年代の終わりのアメリカの郊外を舞台にした3人の女性たちを描く『20th Century Women』になるようです。マイク・ミルズは90'sの同世代監督たちと同様...

1979年のパンク・ムーブメントはイギリスでクラッシュの大作「London Calling」が出た年です。

ロンドン・コーリング(紙ジャケット仕様)

ロンドン・コーリング(紙ジャケット仕様)ミュージック

アーティストザ・クラッシュ

発行SMJ

発売日13.09.17

カテゴリーCD

Supported by amazon Product Advertising API


『20th Century Women』の撮影は今年の終わり頃からスタートします。