Home 海外NEWS 2018年サンダンス映画祭グランプリに、クロエ・グレース・モレッツがレズビアンの女の子を演じた『The Miseducation of Cameron Post』

2018年サンダンス映画祭グランプリに、クロエ・グレース・モレッツがレズビアンの女の子を演じた『The Miseducation of Cameron Post』

2018年サンダンス映画祭グランプリに、クロエ・グレース・モレッツがレズビアンの女の子を演じた『The Miseducation of Cameron Post』
0

2018年サンダンス映画祭グランプリに、クロエ・グレース・モレッツがレズビアンのヒロインを演じた『The Miseducation of Cameron Post』が選ばれました。


現地時間1月27日(土)にサンダンス映画祭グランプリが発表されました。グランプリに輝いた『The Miseducation of Cameron Post』は、1993年、両親を交通事故で失いモンタナの田舎で超保守的なおばと一緒に暮らすことになったヒロイン、キャメロン・ポスト(クロエ・グレース・モレッツ)が、レズビアンであることがばれてゲイの転換治療を受けさせられ、そこで出会った彼氏持ちのイケてる女の子コーリー(サーシャ・レーン)と親友になるものの、彼女に恋をしてしまい…というお話です。

クロエ・グレース・モレッツ&サーシャ・レーン共演、両親を亡くし保守的なおばの元で暮らすことになったレズビアンのヒロインが同級生に恋をする『The Miseducation of Cameron Post』の公式写真が公開されまし...

共演はフォレスト・グッドラック、ジョン・ギャラガーJr、ジェニファー・イーリー。

2012年に出版された、エミリー・M・ダンフォースの同名小説が原作です。

The Miseducation of Cameron Post (English Edition)

The Miseducation of Cameron Post (English Edition)電子書籍

作者Emily M. Danforth

発行Balzer + Bray

発売日12.02.07

カテゴリーKindle版

ページ数485

Supported by amazon Product Advertising API


監督・脚本はイラン系女性監督のデジリー・アッカヴァン。
彼女のデビュー作、イラン系のレズビアンの女性が失恋を忘れようともがく姿を描いたキューティー映画『Appropriate Behavior』は、『ハンパな私じゃダメかしら?』の邦題で2015年 第24回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(現:レインボー・リール東京)にて上映されています。
共同脚本のセシリア・フルギュエールは、その『ハンパな私じゃダメかしら?』の時にプロデューサーを務めていました。