Home 海外NEWS 2014年東京国際映画祭で上映されたノルウェーのベント・ハーメル監督新作『1001グラム』日米公開が決定

2014年東京国際映画祭で上映されたノルウェーのベント・ハーメル監督新作『1001グラム』日米公開が決定

2014年東京国際映画祭で上映されたノルウェーのベント・ハーメル監督新作『1001グラム』日米公開が決定
2

1001-grams-us-release_002014年の東京国際映画祭で上映された、ノルウェー産キューティー映画『1001グラム』が、2015年アメリカで公開されることがわかりました。日本でも2015年秋にBunkamuraル・シネマほかにて全国公開が予定されています。


『1001グラム』は、『キッチン・ストーリー』、『ホルテンさんのはじめての冒険』等で、独特のテンポの傑作映画を送り出しているベント・ハーメル監督の新作です。

測量研究所に勤める女性研究員が、同じ職場で国際キログラム原器の取扱責任者の父親が病いに倒れたため、代わりにフランスの国際度量衡局で行われる会議に出席することになり、そこで男性と出会い…

と、ストーリー説明では何ともこの作品の魅力を示せないのですが、とにかく、ちょっとした台詞だけで物語を示し、それら台詞がちゃんと有機的に繋がっていく脚本が本当に素晴らしいです。
淡々と静かに進行するストーリーながら、徐々に熱を帯びていく展開もキューティー映画してていいです。
詳しくはレビューと、ベント・ハーメル監督と主演女優のアーネ・ダール・トルプへのインタビューを読んでもらえればと。

『1001グラム』ベント・ハーメル監督&アーネ・ダール・トルプ インタビュー
巧みな演出・脚本で理系女子の日常を描く『1001グラム』

『1001グラム』は、アメリカでは2015年の春までにまずは限定公開された後、夏からはVOD配信される予定です。
2014年度のアカデミー賞外国語映画賞部門のノルウェー代表作品にも選ばれています。

日本ではロングライド配給で、2015年秋にBunkamuraル・シネマほかにて全国公開が予定されています。