1. Home
  2. 作品情報
  3. クリステン・ウィグ&ウィル・フェリル共演のお蔵入りしていたTV映画が放映へ

クリステン・ウィグ&ウィル・フェリル共演のお蔵入りしていたTV映画が放映へ

クリステン・ウィグ&ウィル・フェリル共演のお蔵入りしていたTV映画が放映へ
0

a-deadly-adoption-on-air-day_00クリステン・ウィグ&ウィル・フェリル共演のTV映画「A Deadly Adoption」は米ケーブル局LifetimeのTV映画制作25周年記念作品として制作され今年放送予定でしたが、お蔵入りしてしまいました。それが今週、突如放送日が告知されました。


「A Deadly Adoption」はクリステン・ウィグとウィル・フェリルが演じる社会的に成功している夫婦が、子供が欲しいため代理出産予定の女性を世話するものの、事は予定通りに運ばず…というスリラーです。
代理母出産予定の女性を「新ビバリーヒルズ青春白書」エドリアナ役だったジェシカ・ロウンズが演じます。

その「A Deadly Adoption」は、4月初頭に、奥様御用達の米ケーブル局Lifetime(有名人の伝記映画や女性向けサスペンスとかをメインに放送)の、TV映画制作25周年記念作品としてこの夏放映予定というニュースが、当のLifetimeによって流されました。
米TV映画でクリステン・ウィグとウィル・フェレルが夢の共演!

しかし共同製作も兼ねているウィル・フェリルは、極秘に進めていたプロジェクトをLifetimeが勝手にリークしたことに激怒。「A Deadly Adoption」をすぐにお蔵入りさせることを決定します。
クリステン・ウィグ&ウィル・フェリルのTV映画、早くもお蔵入り決定!

それが今週になってLAの大通りハリウッド・ブルーバードに突然、6月20日にLifitimeにて放映を告知する大きな垂れ幕広告が出ました。それを見つけた、映画情報サイトハリウッド・レポーターの記者がツイッターにアップし、一気に情報が広まりました。
a-deadly-adoption-on-air-day_01
広告には6月20日(土)放送の文字もあります。今のところLifetime側やウィル・フェレルから公式発表はありませんが、一連の騒動自体が宣伝なのかもしれません(今週広告を見つけてツイッターに写真をアップした記者を含めて)