Home 国内NEWS なんと!『The Mortal Instruments : City of Bones』が邦題『シャドウハンター』で4月公開決定!

なんと!『The Mortal Instruments : City of Bones』が邦題『シャドウハンター』で4月公開決定!

なんと!『The Mortal Instruments : City of Bones』が邦題『シャドウハンター』で4月公開決定!
4

the-mortal-instruments-japan-release_00
cueで何かと紹介してきた、リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー出演の人気YA小説の映画化『The Mortal Instruments : City of Bones』が、『シャドウハンター』の邦題で4月19日(土)より日本公開することが決定しました!

ベストセラーYA小説の映画化

本作は全世界で2200万部を突破したベストセラーYA小説「シャドウハンター 骨の街」(創元推理文庫)を映画化。シリーズ化も想定されています。

NYに住む女の子が、ある日、自分がいう妖魔を退治し、伝説の聖杯(モータルカップ)を守る「シャドウハンター」と呼ばれる一族の末裔である事を知ります。その日から、同じ年頃の仲間たちと共に、吸血鬼・人狼・妖魔たちとの壮絶な戦い、そして伝説の聖杯を探す冒険に足を踏み入れていくという、現実世界にファンタジーやパラノーマル、さらにアクションやサスペンスなど盛りだくさんのストーリーです。

運命のヒロイン、クラリー役に『白雪姫と鏡の女王』リリー・コリンズ。クラリーと共に戦うシャドウハンターの1人、ジェイス役に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『トワイライト』シリーズに出演のジェイミー・キャンベル・バウアー。
美男美女カップルは見応えがありますし、女性はジェイミー・キャンベル・バウアーの謎めいたかっこよさ、神秘的なビジュアルにぜひ注目指定ください。(リリー・コリンズの美脚も!)
ちなみに仮面ライダー・ウィザードに似た能力が映画で出てきます。ここも注目です!(笑)

cueは『シャドウハンター』を応援します!

cueは本作の海外でのビジネスに関してはネガティブなことを書いてきていますが、この映画をずっと支持しています。
「ヒットしなくても、評論家がボロクソに言っても、観た人が面白ければそれが一番」なのがキューティー映画です。他人の評価より自分の感想。それが大事なのです。そういう意味では本作は実にまっとうなキューティー映画です。キャラ萌えしたい人にはとてもいい素材が揃ってる映画だと思います。

なんせ、全米最大の映画イベントと化している、サンディエゴで開催されたコミコンに参加し、この映画のティーチインがあると知って、7000人収容の会場に入るため3時間近く炎天下の下並び、出演者総登場のティーチインを体感。さらに再渡米した際、偶然にも本作が公開されたばかりで大ヒット中だった『We’re The Millers(『なんちゃって家族』の邦題で1月25日〜公開)』を見ずに、この映画を選び本編を体感するという、運命の出会いっぷり。愛情もわきますって。

まさか日本での劇場公開が決まるとは!良くてDVDスルーと思っていただけに、これはうれしい誤算です。この映画、大画面で観るに値するビジュアルですから、映画館で観ることを強くオススメします。

the-mortal-instruments-japan-release_01

『シャドウハンター』

(原題:The Mortal Instruments : City of Bones)

ストーリー

NYで普通の少女として育ったクラリーは、ある日幼馴染のサイモンと訪れたクラブで、美しい少年ジェイスに出会う。そして、彼が少年を“狩る”ところを目撃してしまう。その日を境に彼女の生活は一変してしまう。この世界には吸血鬼や人狼、妖魔といった、地下世界の住人(ダウンワールダー)たちが存在することを知る。ジェイスは妖魔を始末するシャドウハンターであり、彼が“狩った”のは妖魔だったと言うのだ。そしてクラリーの母・ジョスリンもまた最強のハンターであり、特殊能力を授けると言われる聖杯を隠し、人間界に身を潜めて暮らしていたのだ。しかし、そのことがばれてしまい、聖杯を狙う反逆者・ヴァレンタインにさらわれてしまう。クラリーは、ジェイスらシャドウハンターとともに、母を救い、聖杯を探し出す決意をする。聖杯の隠し場所の鍵はクラリーの封印された記憶のみ。シャドウハンターとして目覚めたばかりのクラリーの中には計り知れないパワーが眠っていた・・・。

スタッフ&キャスト

監督:ハラルド・ズワルト 『ベスト・キッド』(10)
原作:「シャドウハンター 骨の街」(創元推理文庫)
出演:リリー・コリンズ 『白雪姫と鏡の女王』(12)、『ミッシング ID』(11)/ジェイミー・キャンベル・バウアー 『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(07)/ジョナサン・リス・マイヤーズ 『パリより愛をこめて』(10)、『M:i:Ⅲ』(06)/レナ・ヘディ『ジャッジ・ドレッド』(12)、「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」(08~09)

公式HP:www.shadowhunter.jp
公式Twitter:@ShadowhunterJp
公式Facebook:/ShadowHunterJp

4月19日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

提供・配給:プレシディオ 協力:ワーナー・ホーム・ビデオ
©2013 Constantin Film International GmbH and Unique Features (TMI) Inc.