Home 国内NEWS ニコラス・スパークス原作『きみがくれた物語』8月公開決定

ニコラス・スパークス原作『きみがくれた物語』8月公開決定

ニコラス・スパークス原作『きみがくれた物語』8月公開決定
0

the-choice-j-release_00『きみに読む物語』『親愛なるきみへ』『ラスト・ソング』『セイフ ヘイヴン』『かけがえのない人』など映画化された作品はどれもヒットする小説家ニコラス・スパークス原作の最新作『The Choice』が、『きみがくれた物語』という邦題で8月、渋谷シネパレス他にて全国公開されます。主演はテリーサ・パーマー(『ウォーム・ボディーズ』)とベンジャミン・ウォーカー(『白鯨との闘い』)です。


ノースカロライナの小さな海沿いの町で偶然出逢い、恋に落ちたギャビーとトラヴィス。しかし今、ギャビーは昏睡状態で入院中。トラヴィスは彼女のもとに通い、2人の昔のなれそめを物言わぬギャビーに聞かせていました。2人に何があったのか?2人の昔のきらびやかな恋愛と共に物語がかたられていきます。

原作邦題は「きみと選ぶ道」本国では2007年に出版されました。

きみと選ぶ道

きみと選ぶ道書籍

作者ニコラス スパークス

クリエーター雨沢 泰

発行エクスナレッジ

発売日09.03.25

カテゴリー単行本

ページ数358

ISBN4767808189

Supported by amazon Product Advertising API

本作はニコラス・スパークス自身の映画会社「ニコラス・スパークス・プロダクションズ」初の単独製作による映画です。

作品紹介:The Choice

監督は『ロスト・イン・トランスレーション』(03)、『イン・ザ・ベッドルーム』(01)などでプロデューサーを務めたロス・カッツ。
ギャビー役には、『ウォーム・ボディーズ』(13)でブレイクしたオーストラリア女優テリーサ・パーマー。トラヴィス役を演じるのは、『リンカーン/秘密の書』(12)の主演で注目を浴びたベンジャミン・ウォーカー。
その他にもトム・ウェリング、アレクサンドラ・ダダリオ、マギー・グレイス、トム・ウィルキンソンらが出演します。
the-choice-j-poster

ストーリー

とある病院で眠り続けるギャビー(テリーサ・パーマー)は、交通事故によって3ヶ月も昏睡状態に陥っている。夫のトラヴィス(ベンジャミン・ウォーカー)はそんな彼女のもとに定期的に通って、物語を読み聞かせてやっている。語られるのは、アメリカ南部の小さな町で生まれた2人のきらめくような恋物語。「きみと出会う前にほんとうに愛した人は誰もいない」「あなたを失うのが怖い」と求め合った当時の熱い日々が、彼から彼女へと伝えられていく。しかし、トラヴィスは思い出を振り払おうとしていた。彼には人生でもっとも重い、究極の選択が求められていたのだ―。

スタッフ&キャスト

監督:ロス・カッツ 『ロスト・イン・トランスレーション』 『マリー・アントワネット』(プロデューサー) 
脚本:ブライアン・サイプ 『Demolition(原題)』
撮影:アラー・キビロ 『しあわせの隠れ場所』『イルマーレ』
出演:テリーサ・パーマー、ベンジャミン・ウォーカー、マギー・グレイス、アレクサンドラ・ダダリオ、トム・ウィルキンソン、トム・ウェリング
公式サイト:https://kimi-monogatari.com/
(C) 2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.

2016年8月、渋谷シネパレス他ロードショー