Home 国内NEWS 『Sils Maria』、邦題『アクトレス~女たちの舞台~』と公開日10/24(土)決定!

『Sils Maria』、邦題『アクトレス~女たちの舞台~』と公開日10/24(土)決定!

『Sils Maria』、邦題『アクトレス~女たちの舞台~』と公開日10/24(土)決定!
0

sils-maria-j-title-opening_00ジュリエット・ビノシュ、クリスティン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツ共演!
かつて一世を風靡した大女優の孤独と葛藤、そして美しさを描く極上のドラマ!

『Sils Maria』の邦題が『アクトレス~女たちの舞台~』に決定!10月24日(土)公開!

ジュリエット・ビノシュ主演、クリスティン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツら、若手ハリウッド女優たちが共演する『Sils Maria』の邦題が『アクトレス~女たちの舞台~』に決定。10月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町にて公開されることが決まりました。


6月26日から開催されるフランス映画祭で一足早くお披露目されます。

「フランス映画祭2015」全上映作品と日時・会場&来日ゲスト発表

豪華女優たちの、艶やかな競演!
仏映画界の若き巨匠が、圧倒的映像美とクラシック音楽と共に描く、スター女優の光と影。

2014年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門で喝采を浴びた本作は、きらびやかな世界に生きる大女優の葛藤と孤独を、スイスの大自然を切り取った美しい映像と、シャネルの特別協力による華やかな衣装、ジュエリー、メークアップ、そして壮大なクラシック音楽とともに優雅に描き出します。

主演ジュリエット・ビノシュの圧倒的な存在感と名演はもちろん、クロエ・グレース・モレッツ、クリステン・スチュワートという若手人気ハリウッド女優たちが、華やかに艶やかに競演。

本作でクリステン・スチュワートが米国人女優として初のフランス・セザール賞助演女優賞を受賞して大きな話題となりました。
クリステン・スチュワート、第40回セザール賞 助演女優賞受賞!アメリカ人の受賞は初!

ストーリー

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

スタッフ&キャスト

監督・脚本:オリヴィエ・アサイヤス『夏時間の庭』『デーモンラヴァー』
製作:シャルル・ジリベール『オン・ザ・ロード』『トスカーナの贋作』
撮影:ヨリック・ル・ソー『ミラノ、愛に生きる』
美術:フランソワ=ルノー・ラヴァルテ『ヴィオレッタ』
特別協力:シャネル
キャスト:ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツ、ラース・アイディンガーほか
2014年フランス・ドイツ・スイス/英語・フランス語・ドイツ語/124分

10月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか順次公開