Home 国内NEWS 濱田岳主演、アメリカロケの青春ロードムービー『サケボム』青柳文子×中田クルミ 女性限定試写トークショー

濱田岳主演、アメリカロケの青春ロードムービー『サケボム』青柳文子×中田クルミ 女性限定試写トークショー

濱田岳主演、アメリカロケの青春ロードムービー『サケボム』青柳文子×中田クルミ 女性限定試写トークショー
1

sakebomb-event_03

「元カレが追いかけてきたら、それは嬉しいですよね」
青柳文子×中田クルミ 映画『サケボム』女性限定試写トークショー

木村拓哉主演のフジテレビドラマ「HERO」への出演も決定する等、今まさにノリにノっている俳優・濱田岳。
そんな濱田岳が、自身初の英語劇に挑戦したアメリカロケの青春ロードムービー『サケボム』。

今、インディーズ系映画の発表の場として注目されているSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)映画祭でワールドプレミアを行った本作は、ハリウッドで研鑽を積んだ新鋭日本人監督のデビュー作。日本に逆上陸という形になります。


5月8日(木)渋谷ヒカリエにて、5月24日(土)より新宿シネマカリテほか公開となる本作の公開を記念した女性限定の公開記念特別試写会トークイベントを行いました。ゲストはモデル・女優として活躍中の青柳文子さんと、同じくモデルとしてまたクラブDJとしても人気の中田クルミさんのお2人。

「『サケボム』に学ぶ、余計な失敗をしないための恋愛術」人気モデルによる赤裸々な恋愛トーク

本作を観て、青柳さんは「爆笑しました。面白かった!」とコメント。中田さんも「ロードムービーはそれほど見ないんですが、これは面白かった!劇中のギャグが本当に面白くて笑いました。」と、それぞれ好感触な感想。
sakebomb-event_02
カナダ留学経験を持つ中田さんが「向こうではかなりチヤホヤされました。日本人の女の子って外国でモテますよ」と過去を振り返りつつ、何気にリア充な過去を自慢をすれば、青柳さんは逆に「私は主人公のナオトと同じような経験をしたことがあります!元カレの家の近くで食事していたら、今カノと一緒に歩いているのを目撃してしまって…。しかもそんなのが2回もあったんですよ…」と悲しい過去を告白。
真逆の赤裸々な恋愛エピソードで会場を盛り上げました。

劇中に登場する恋愛に奔放な小悪魔的な女性キャラクターに対し、同性として意見したいという二人。
青柳さんが
「あの子、本当にむかつきますね!!(笑)けど、恋愛するにはああいうしたたかさも必要なのかもしれないって、ある意味勉強になりました。私にはそれが足りないのかも」
と憤慨しながらも理解を示す一方、中田さんは
「女性としてああいう女の子が可愛がられるって理解しておくのは大事だなって思います。男性はああいう女の子に弱いって理解しておけば、自分はどうすればいいかって考えられますから(笑)」
と、それぞれ別視点での男性ウケする女性像を語ってくれました。
男性2人のロードムービーですが、違う価値観や経験をしてきた女性たちで、色々ワイワイ語り合うきっかけになる映画、『サケボム』にはそういう作用があるようです。
sakebomb-event_01

サケボム

明日、ちょっとガンバレる青春“ほろ苦”ロードムービー
[col_full] [col_third] Sake_Bomb_poster [/col_third]

ストーリー

創業300年の伝統を誇る酒蔵の次世代を担うとってもコンサバな青年・ナオト。ある日、突然の別れを告げていなくなってしまった元カノ・オリビアをあきらめきれず、一途に彼女を追いかけて、生まれてはじめてアメリカにまでやってきた!唯一の頼りにしてやってきた叔父さんは、従兄弟のセバスチャンが助けてくれると言うが、ひねくれ者の彼が素直にそうするわけもなく…。思いがけずに始まった何もかもが正反対のふたりの旅。最初こそギクシャクしていた2人だったが、旅を通して、ナオトの存在は、コンプレックスのかたまりだったセバスチャンのささくれだった心を癒していく———。果たして2人の珍道中の結末は? そしてナオトの想いは元カノに届くのか!? [/col_full]

キャスト&スタッフ

出演:濱田岳、ユージン・キム、マーレン・バーンズ、渡辺裕之 / でんでん
監督:サキノジュンヤ
脚本:ジェフ・ミズシマ
配給:ピクチャーズデプト 2013年/アメリカ=日本/カラー/82分/1:2.35/5.1ch/英語・日本語字幕/原題:SAKE-BOMB

公式サイト:https://sake-bomb.com/
©2013 pictures dept./Sake Bomb Films,LLC

2014年5月24日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
6月14日(土)〜大阪・TOHOシネマズなんば/山梨・TOHOシネマズ甲府/福岡・TOHO天神ソラリア/愛知・名演小劇場/鹿児島・天文館シネマパラダイスで上映