Home 国内NEWS カトリーヌ・ドヌーヴ&カトリーヌ・フロ共演『ルージュの手紙』日本版ポスター

カトリーヌ・ドヌーヴ&カトリーヌ・フロ共演『ルージュの手紙』日本版ポスター

カトリーヌ・ドヌーヴ&カトリーヌ・フロ共演『ルージュの手紙』日本版ポスター
0

『しあわせの雨傘』『シェルブールの雨傘』のカトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロ、フランスを代表する2大女優が初共演を果たした『ルージュの手紙』(2017年12月、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開)のポスタービジュアル画が開されました。


もしも何もかも正反対の相手が突然現れて、自分を予想外の未来へと導いてくれるとしたら―?

セーヌ川が流れるパリ郊外で、助産師として堅実に働くクレール(カトリーヌ・フロ)のもとに、30年前に突如姿を消した血のつながらない母ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話が入ります。それをきっかけに真逆な2人の交流が始まり、ベアトリスの天真爛漫で自由な生き方が、クレールの人生を少しずつ変化させていきます。

映画界に咲き誇る大輪の花、カトリーヌ・ドヌーヴが、まるで彼女自身の生き方そのもののように、人生を謳歌する“母”役を演じ、度が過ぎるほど真面目な“娘”役には、『大統領の料理人』で脚光を浴びたカトリーヌ・フロ。

『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』など女性を描くことに定評のあるマルタン・プロヴォが監督・脚本を担当し、フランスの2大女優それぞれの新たな魅力を見せてくれます。

ルージュの手紙

ストーリー

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。
母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす!

スタッフ&キャスト

監督・脚本:マルタン・プロヴォ『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『しあわせの雨傘』、カトリーヌ・フロ『大統領の料理人』、オリヴィエ・グルメ『少年と自転車』
2017/フランス/フランス語/17分/
配給:キノフィルムズ
© CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA © photo Michael Crotto