1. Home
  2. 国内NEWS
  3. 8/25公開、やけっぱちヒロインの等身大パリ暮らしを描く『若い女』予告編

8/25公開、やけっぱちヒロインの等身大パリ暮らしを描く『若い女』予告編

8/25公開、やけっぱちヒロインの等身大パリ暮らしを描く『若い女』予告編
0

2017年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)受賞、セザール賞にもノミネートされた『若い女』が8月25日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショーが決定しました。あわせて予告編が公開されました。


10年付き合ってきた恋人に突如別れを告げられた 31歳で嘘つき、泣き虫、見栄っぱり。やけっぱちのポーラが繰り広げる等身大のパリ暮らし。自分の居場所をもとめてパリをアクティブに彷徨うコメディタッチのドラマです。

予告編を見る限り、ちょっと『フランシス・ハ』を連想させます。

卒業制作の脚本をもとにした監督作がカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)の快挙!

フランスの若手女性監督レオノール・セライユは、2013年にフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとに本作を完成させ、見事2017年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞。さらにフランスで最も権威のある映画賞・セザール賞にノミネート。主演のレティシア・ドッシュはリュミエール賞最有望女優賞を獲得など高い評価を得ています。

若い女

ストーリー

ポーラ、31歳。恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。
フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。

スタッフ・キャスト

監督・脚本:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン、スレイマン・セイ・ンディアイ、ナタリー・リシャール
2017年/フランス/フランス語/97分/原題:Montparnasse Bienvenüe/英題:Jeune Femme
サウンドトラック:(株)ワーナーミュージック・ジャパン/配給・宣伝:サンリス
©2017 Blue Monday Productions
公式サイト https://www.senlis.co.jp/wakai-onna
Facebook @wakaionna.movie
Twitter @wakaionna_movie