1. Home
  2. 国内NEWS
  3. 『モリーズ・ゲーム』日本版ティザービジュアル公開

『モリーズ・ゲーム』日本版ティザービジュアル公開

『モリーズ・ゲーム』日本版ティザービジュアル公開
1

2018年5月、TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショーとなるジェシカ・チャステイン主演、『ソーシャル・ネットワーク』脚本アーロン・ソーキンの監督デビュー作『モリーズ・ゲーム』の日本版ティーザービジュアルが早くも公開されました。


『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』『ゼロ・ダーク・サーティ』と2年連続でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、今年、『女神の見えざる手』でゴールデン・グローブ賞のドラマ部門で主演女優賞候補となったジェシカ・チャステイン。
『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞脚色賞受賞、実話ベースの脚本が得意なアーロン・ソーキン。
彼が初監督を務め、セレブだけの裏高級ポーカールームの経営者となり逮捕のときはハリウッドで一大スキャンダルを巻き起こした、セクシーで強い女主人をジェシカ・チャステインが演じる『モリーズ・ゲーム』。

26歳のモーリー・ブルームはレオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアをはじめとするトップスターが顧客に持つ裏ポーカールームの支配人でした。彼女はオリンピックを有望視されたモーグル選手でしたが、ケガのためにアスリートの道を断念。一転して、違法なポーカーの世界へと足を踏み入れ、ポーカールームの支配人となり、世界的なマフィアの資金洗浄などに関わったことで最後には武装したFBIによって急襲、逮捕されます。

そんなモリー本人が2014年に刊行した回想録を、脚本家のアーロン・ソーキンが独自の視点で脚色。さらに初監督に挑みました。ジェシカ・チャステインは現在日本で『女神の見えざる手』、『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』が公開中。『モリーズ・ゲーム』での彼女の芝居、セクシーな雰囲気はとても評判が高く、アカデミー賞が噂されています。

ストーリー

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な賭け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。                               

スタッフ&キャスト

監督・脚本:アーロン・ソーキン
出演:ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー、マイケル・セラ
製作国:アメリカ  配給:キノフィルムズ
© 2017 MG’s Game,Inc. ALL RIGHTS RESERVED.