Home 国内NEWS 『奇跡のひと マリーとマルグリット』チャリティ試写に秋篠宮紀子妃殿下・佳子内親王殿下御来賓

『奇跡のひと マリーとマルグリット』チャリティ試写に秋篠宮紀子妃殿下・佳子内親王殿下御来賓

『奇跡のひと マリーとマルグリット』チャリティ試写に秋篠宮紀子妃殿下・佳子内親王殿下御来賓
0

marie-heurtin-charity-screening_00『奇跡のひと マリーとマルグリット』6月6日(土)公開を前に、秋篠宮紀子妃殿下と佳子内親王殿下をお迎えしての公開記念チャリティ試写会が5月19日、有楽町朝日ホールにて開催されました。
佳子内親王殿下は、4月に国際基督教大学に入学して以降公務は初めてとなります。


ヘレン・ケラーと奇しくも同時代に生きたマリー・ウルタン(1885年~1921年)。
彼女はフランスのロワール地方の片田舎の貧しい家庭に生まれ、生まれつき目も見えず、耳も聞こえず、何の教育も受けないままに育っために口をきくこともできない少女でした。
まるで獰猛な野生児のように育ったマリーでしたが、一人の若き修道女との出会いで彼女の人生は大きく変わっていきます。

そんな2人の女性の出会いと交流、そして別れを描いた『奇跡のひと マリーとマルグリット』は、コミカルなシーンもふんだんに用意されていて、それが後半の感動をより大きなものにしてくれます。実話感動系の中でも非常に優れた構成のキューティー映画です。
marie-heurtin-charity-screening_01

全国盲ろう者協会理事 福島智さんの談話

秋篠宮妃殿下は、上映中ときおり声を出して笑われたり、主人公のマリーが母と父にパズルを使って言葉を伝えるシーンで涙を流されているご様子でした。鑑賞後には
「大変奥深いお話しでした。命と言葉はつながっているということを感じました。物語ではシスターのマルグリットがマリーを教育する役割でしたが、ラストでは立場が変わりマリーが恩返しをするラストシーンと、言葉にできないくらいの二人の関係に感動致しました。」
と感想を述べられていました。

主催者 スターサンズ代表取締役 河村光庸の談話

佳子内親王殿下は映画の上映前に、以前よりヘレン・ケラーに関わる書籍等も読まれており、本作とヘレン・ケラーとの違いなど、本日の鑑賞を非常に楽しみにされていたと仰っていました。
また、本作の権利をどのように購入されたのかなど、映画配給の仕事にもご興味をもたれているご様子でした。
ご鑑賞後も、目を潤ませておられ興奮気味に感想を語られていたのも印象的で
「形あるものだけではなく、神や人間の心など、形のないものについても手話にて伝えることが出来るのだと感じ、マルグリットの願いをマリーが継承していくラストシーンも素晴らしいと感じました。」
感想を語られていました。

奇跡のひと マリーとマルグリット

ストーリー

19世紀末のフランス・ポアティエ。聴覚障害を持つ少女たちのための学院を併設する修道院に、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーがやってくる。しつけも教育も受けずに育ってきたマリーは野生動物のようにどう猛で、誰にも心を開かない。修道女マルグリットは、マリーの教育係を申し出て、むきだしの魂がぶつかりあう「戦い」と呼ぶべき教育が始まった。閉ざされた世界で何も知らずに生きるマリーに根気強く向き合ううちに奇跡は起き、深い愛情とともに学ぶことの喜びを与えてくれたマルグリットと強い絆で結ばれてゆく。しかし、マルグリットの“命の期限”はすでに目前に迫り…

スタッフ&キャスト

監督:ジャン=ピエール・アメリス
脚本:ジャン=ピエール・アメリス、フィリップ・ブラスバン
出演:イザベル・カレ(『きつねと私の12か月』、『クリクリのいた夏』))、アリアーナ・リヴォアール

バリアフリー上映版吹替え:野々村のん(マグリット)、杉平真奈美(マリー)、塩田朋子(院長)、金子由之(マリーの父)、竹村叔子(マリーの母)

2014年/フランス
推薦:カトリック中央協議会広報 年少者映画審議会推薦 文部科学省選定教育映像等 厚生労働省社会保障審議会特別推薦 児童福祉文化賞推薦作品 協力:ライフ・クリエイション(いのちのことば社)
提供:ドマ、スターサンズ、ハピネット/配給:スターサンズ、ドマ

公式サイト:www.kiseki-movie.jp 

『奇跡のひと マリーとマルグリット』
6月6日(土)シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー