Home 国内NEWS 6月6日(土)公開『奇跡のひと マリーとマルグリット』バリアフリー上映実施

6月6日(土)公開『奇跡のひと マリーとマルグリット』バリアフリー上映実施

6月6日(土)公開『奇跡のひと マリーとマルグリット』バリアフリー上映実施
0

marie-heurtin-accessibility_00

『奇跡のひと マリーとマルグリット』バリアフリー版の制作費のためのクラウドファンディングで、目標金額達成!

6月6日(土)より公開の『奇跡のひと マリーとマルグリット』は、クラウドファンドのサイトkibidangoで視覚障がいを持つ人でも楽しめる、音声ガイダンス付きバリアフリー版の制作費を一般公募していました。
4月21日には、フランスから来日した主演女優のアリアーナ・リヴォアールが会見を開き、自ら募金の呼びかけをしたことも広く全国にニュースとして広がりました。
そして6月5日(金)をゴールに、目標金額50万円を目指して行われていましたが、見事6月2日(火)に目標金額に達成しました。

日本のバリアフリー上映の現状と『奇跡のひと マリーとマルグリット』のバリアフリー上映

先日公開された、盲目の男女を描いたポーランド映画『イマジン』でもバリアフリー上映は実施されていました。徐々に広がりつつある上映形式です。

盲目の男女は恋を描くポーランド映画『イマジン』先行上映会「~耳でみる 音をみる~」

しかしまだまだどんな映画でも聴覚や視覚に障がいのある方が気軽に映画を楽しめていないのが現状です。
そんな中で、バリアフリー字幕、手話映像、音声ガイド、外国語字幕…選べるメニューを増やせば、誰でも映画が楽しめると、映画業界が様々な取り組みを始めています。

邦画のバリアフリー映画上映の取り組みとしては、シネコンで上映のレギュラー化に向けての流れや、文化庁による助成制度も進められ、その輪は各所に広がっていますが、洋画のバリアフリー上映についてはまだ邦画に比べて遅れている状況です。

『奇跡のひと マリーとマルグリット』は今回のクラウドファンドの成功によって、興行期間中に上映館である、東京:シネスイッチ銀座/大阪:シネリーブル梅田/神奈川:横浜シネマ・ジャック&ベティ/兵庫:京都シネマ他で音声ガイド付き吹き替えバリアフリー版の上映を実施します。

『奇跡のひと マリーとマルグリット』は実話感動モノと捉えられがちですが、コミカルな描写も多い2人の女性の前向きな生き方を描いたキューティー映画です。画面も凄く美しいです。
今回のように、これからもキューティー映画がバリアフリーになって、たくさんの人が楽しめるといいな、と思います。

奇跡のひと マリーとマルグリット

ストーリー

19世紀末のフランス・ポアティエ。聴覚障害を持つ少女たちのための学院を併設する修道院に、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーがやってくる。しつけも教育も受けずに育ってきたマリーは野生動物のようにどう猛で、誰にも心を開かない。修道女マルグリットは、マリーの教育係を申し出て、むきだしの魂がぶつかりあう「戦い」と呼ぶべき教育が始まった。閉ざされた世界で何も知らずに生きるマリーに根気強く向き合ううちに奇跡は起き、深い愛情とともに学ぶことの喜びを与えてくれたマルグリットと強い絆で結ばれてゆく。しかし、マルグリットの“命の期限”はすでに目前に迫り…

スタッフ&キャスト

監督:ジャン=ピエール・アメリス
脚本:ジャン=ピエール・アメリス、フィリップ・ブラスバン
出演:イザベル・カレ(『きつねと私の12か月』、『クリクリのいた夏』))、アリアーナ・リヴォアール

バリアフリー上映版吹替え:野々村のん(マグリット)、杉平真奈美(マリー)、塩田朋子(院長)、金子由之(マリーの父)、竹村叔子(マリーの母)

2014年/フランス
推薦:カトリック中央協議会広報 年少者映画審議会推薦 文部科学省選定教育映像等 厚生労働省社会保障審議会特別推薦 児童福祉文化賞推薦作品 協力:ライフ・クリエイション(いのちのことば社)
提供:ドマ、スターサンズ、ハピネット/配給:スターサンズ、ドマ

公式サイト:www.kiseki-movie.jp 

『奇跡のひと マリーとマルグリット』
6月6日(土)〜シネスイッチ銀座ほか全国順次公開