Home 国内NEWS 8/24公開『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』若きドナと男性たちの出会いを描く特別映像

8/24公開『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』若きドナと男性たちの出会いを描く特別映像

8/24公開『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』若きドナと男性たちの出会いを描く特別映像
0

10年ぶりの続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)から全国公開されます。メリル・ストリープが演じたドナの若い頃をリリー・ジェームズ(『シンデレラ』)が演じますが、若きドナと3人の男性との出会いをまとめた、インタビューやメイキングも満載の特別映像が公開されています。


試写で見ましたが、傑作です。
絶対の自信を持ってオススメします。

ヒロイン、ソフィー(アマンダ・セイフライド)を中心とした、新装開店となるホテルのパーティー準備を描く現在と、ソフィーの母親ドナ(メリル・ストリープ)の青春時代である1970年代が並行して描かれ、過去編では父親候補となる3人の男性達との出会いなどが描かれます。

舞台演出家だったフィリダ・ロイド初監督の前作は、舞台の映像化が念頭にあり、歌をたっぷりと聞かせてくれた反面、映像としてはちょっと退屈でした。
しかし本作の監督オル・パーカーは『グレイテスト・ショーマン』同様、デジタル処理をうまく使って、多彩なミュージカルシーンをテンポよく展開。特に現在と過去を歌で結ぶ際のシームレスな演出がどれも見事です。
極論を書けば、ABBAの楽曲を知らなくても、またABBAの曲がさほど好きでなくても、ミュージカル映画として観れてしまう、聞けてしまうという驚異的な作品に仕上がっています。(もちろん、ABBAの楽曲の質の高さがあってこそですが)
大画面映えするシーンが多いので、大きなスクリーンでご覧になることをオススメします。IMAX上映があるところはぜひIMAXで。

面白いのが過去編を演じるドナ(メリル・ストリープ)役のリリー・ジェームズ、ハリー(コリン・ファース)役のヒュー・スキナー、サム(ピアース・ブロスナン)役のジェレミー・アーヴィン、ビル(ステラン・スカルスガルド)役ジョシュ・ディランらが、オリジナルキャストの芝居を意識して、台詞回しやしゃべり方などを真似ていることです。
特にサム役ジェレミー・アーヴィンは、前作で話題になったピアース・ブロスナンの歌いっぷりを絶妙に再現しているのに注目です。