Home 国内NEWS 『ラスト・クリスマス』2020年4月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース決定!

『ラスト・クリスマス』2020年4月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース決定!

『ラスト・クリスマス』2020年4月22日(水)ブルーレイ&DVDリリース決定!
0

2019年に公開された大傑作キューティー映画『ラスト・クリスマス』が、2020年4月22日(水)にブルーレイ&DVDをリリースすることが決定しました。


当サイトでは毎年年末にその年のキューティー映画10作品を選びます。いつも順位はつけないのですが、今年はダントツで1位は『ラスト・クリスマス』でした。

2019年最大の衝撃作でした。大傑作です。キューティー映画の奥深さを思い知りました。
ワム!のヒット曲「ラスト・クリスマス」をメインに、クリスマス・シーズンの企画もの映画かと思いきや、その条件を逆手にとって「ジョージ・マイケル自身」をコンセプト化。
「ラスト・クリスマス」の歌詞に含まれたドラマを映画に反映させ、ロンドンを舞台にした外国人(移民)たちの様々な人間模様を組み込みました。

映画の時代設定は2017年ですが、ジョージ・マイケルが亡くなった次の年であり、イギリスがEU離脱を決めた年でもあります。
映画の中で重要な要素となるボランティアはジョージ・マイケル自身がこっそり行っていたことです。こういうちょっとした工夫が映画のあちこちに忍ばしてあります。そしてそういう情報を知らなくても誰もが見やすいキューティー映画の形で提示しているのです。プロ中のプロの仕事ぶり。
脚本のエマ・トンプソン、監督のポール・フェイグ、共にキューティー映画が得意なスタッフが見事に仕上げています。

観客の共感を拒絶するようなダメなヒロインが、最後には誰からも共感され応援され祝福されるという、実に巧みな構成を生み出したエマ・トンプソンの脚本は見事。
感情豊かに演じるエミリア・クラークと、紳士的で誠実なヘンリー・ゴールディング。この2人が心通わせていく展開も、『SPY/スパイ』『デンジャラス・バディ』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のポール・フェイグ監督らしい、自然な台詞回しとちょっとしたコミカルさで気持ちよく見れます。
さらにミッシェル・ヨーがとても面白く奥深いキャラクターを演じています。

クリスマスシーズンに限らず、いつ見ても爽やかに感動できる永遠の名作です。

『ラスト・クリスマス』 ブルーレイ+DVD


2020年4月22日発売
GNXF-2555/¥3,990(税抜)2枚組/本編時間:約103分/特典映像約81分

ブルーレイ+&DVD共通特典

■もうひとつのエンディング■NGシーン集■未公開シーン/別バージョン■伝説に残る音楽■ロング・バージョン■「ラスト・クリスマス」フルパフォーマンス■画面に映る監督 ■ものすごく寒い■笑わないようにして■爽やかなヘンリー■エミリアのレコーディング■ロンドンへのラブレター■サンタとエルフ■ポール・フェイグのトラム・ジャック■12日間の製作日記■監督 ポール・フェイグによる本編音声解説■監督 ポール・フェイグと製作/共同脚本 エマ・トンプソンによる本編音声解説
公式商品ページ

スタッフ&キャスト

監督/製作:ポール・フェイグ『シンプル・フェイバー』『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』
製作/原案/脚本:エマ・トンプソン 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
脚本:ブライオニー・キミングス
エミリア・クラーク 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『世界一キライなあなたに』「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ
ヘンリー・ゴールディング 『クレイジー・リッチ!』『シンプル・フェイバー』
ミシェル・ヨー 『クレイジー・リッチ!』『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』
エマ・トンプソン 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』『美女と野獣』