Home 国内NEWS フランス映画祭オープニング作品『エール!』主演女優&監督来日!全国公開日決定!

フランス映画祭オープニング作品『エール!』主演女優&監督来日!全国公開日決定!

フランス映画祭オープニング作品『エール!』主演女優&監督来日!全国公開日決定!
0

la-famille-belier-info_00
夢と希望、そして家族への愛を乗せた少女の歌声は、“聴こえない”父や母の心にきっと届く
フランスからまた一つ、笑って、泣ける、最高に愛おしい映画がやってくる

「フランス映画祭2015」オープニング作品『エール!』(原題:La famille Bélier)監督・主演女優来日決定!日本公開日2015年10月31日に決定!

フランスで驚異的な大ヒットを記録し、多くの観客を笑いと涙で包んだ感動のキューティー映画『エール!』(原題:La famille Bélier)の公開日が正式決定、また、6月26日(金)~6月29日(月)に開催される「フランス映画祭2015」オープニング上映にあわせて、主役のポーラを演じ、セザール賞最優秀新人女優賞を受賞したルアンヌ・エメラとエリック・ラルティゴ監督が来日します。


『エール』は2014年12月17日にフランスで公開されるやいなや、4週連続1位を獲得、12週連続でTOP10入りを果たし、700万人を超える動員記録を打ち立てました。

主役のポーラを演じるのは、人気オーディション番組で注目を集めた新人ルアンヌ・エメラ。本年度セザール賞最優秀新人女優賞を受賞しています。監督は『プレイヤー』のエリック・ラルティゴです。

この作品、とにかく変化球なしのストレートに感動させてくれます。映画を見ていれば誰もが想像付くクライマックスです。普通はこちらの想像を裏切る演出で感動させて欲しいと思っているので、想像どおりだと残念な気持ちになるのですが、この映画にそれは当てはまりません。
こちらの想像通りのクライマックスなのに、こちらの想像以上に感動を与えてくれるのです。
こんな映画なかなかありません。

それは、エリック・ラルティゴ監督の、登場人物全てにまんべんなく注がれた愛情こもった演出と、ヒロイン、ポーラを演じたルアンヌ・エメラの歌声。
フランスで大ヒットした理由は見ると誰もが納得すると思います。この秋、必見のキューティー映画です。

フランス映画祭終了後、2015年10月31日には全国公開も決定しています。ぜひ、映画館で感動してください。

エール

ストーリー

フランスの田舎町。農家を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外、父も母も弟も聴覚障害者。
ミスコンで優勝したこともある美しい母、口(手話)は悪いが熱血漢な父とゲーム好きの弟。オープンで明るく、仲のいい家族だ。
ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教 師トマソンはその才能を見出し、彼女にパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。
夢に胸をふくらませるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることもできず、もちろん大反対。一家の「通訳」でもあるポーラは悩んだ末に、夢をあきらめる決意をする。
しかしその歌声が、耳の聴こえない家族に届く出来事が起こる―

キャスト&スタッフ

監督:エリック・ラルティゴ『プレイヤー』
出演:ルアンヌ・エメラ(新人)、カリン・ヴィアール『しあわせの雨傘』、フランソワ・ダミアン『タンゴ・リブレ君を想う』、エリック・エリモスニーノ『ゲンズブールと女たち』ほか

配給・提供:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
原題:La famille Bélier/2014年/フランス映画

2015年10月31日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

La Famille Bélier (C)2014-Jerico-Mars Films-France 2 Cinéma-Quarante 12 Films-VendÔme Production-Nexus Factory-Umedia