Home 国内NEWS 『美女と野獣』日本語吹替え版の上映が決定!

『美女と野獣』日本語吹替え版の上映が決定!

『美女と野獣』日本語吹替え版の上映が決定!
0

la-belle-et-la-beta-j-release_0011月1日(土)の公開以来、順調に興行収益を稼いできたフランス実写映画版『美女と野獣』ですが、日本語吹替え版の上映が決定しました。
12月27日(土)よりお台場シネマメディア―ジュ、渋谷シネパレス他全国の劇場にて順次上映となります。


レア・セドゥとヴァンサン・カッセルによる『美女と野獣』は、12月7日(日)までの累計成績で約77万人を動員。興行収益も10億も突破し、ファーストランが現在でも全国167の劇場で続いています。
ヒットを受けて、吹替え版の上映が決まりました。とても珍しいパターンですが、それだけまだまだ期待されているということでしょう。

ヒロイン、ベルを演じたレア・セドゥは『007』最新作『スペクター(原題)』でボンドガールを演じることが決定しています。『アデル、ブルーは熱い色』以来、注目されっぱなしの彼女の正統派ヒロイン像を堪能出来るのが本作です。
野獣を演じるのはフランスを代表するセクシー俳優ヴァンサン・カッセルと共に、美しい映像を大画面で楽しめるのは素晴らしいですね。

吹替え版キャスト

ベル/レア・セドゥ(渋谷はるか)、野獣/王子:ヴァンサン・カッセル(山路和弘)、プリンセス:イヴォンヌ・カッターフェルト(甲斐田裕子)ほか

吹替え版上映劇場詳細は公式HP:beauty-beast.gaga.ne.jpをご覧ください。

美女と野獣

ストーリー

バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。
やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。
かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?
いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく…

スタッフ&キャスト

原題:La Belle et La Beta
監督:クリストフ・ガンズ
出演:レア・セドゥ(渋谷はるか)、ヴァンサン・カッセル(山路和弘)、イヴォンヌ・カッターフェルト(甲斐田裕子)
配給:ギャガ/提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
©2014 ESKWAD – PATHÉ PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWÖLFTE / ACHTZEHNTE
BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS

公式HP:beauty-beast.gaga.ne.jp