Home 国内NEWS ベルリンの幼い兄弟が母を探して旅をする『ぼくらの家路』9/19全国ロードショー

ベルリンの幼い兄弟が母を探して旅をする『ぼくらの家路』9/19全国ロードショー

ベルリンの幼い兄弟が母を探して旅をする『ぼくらの家路』9/19全国ロードショー
0

jack-j-release-info_00ドイツ、ベルリン。突然消えた母親を捜して、10歳と6歳で旅に出た。
お金も食べ物も眠るところもないけれどきっとこれが、人生で一番大切な3日間。

『ぼくらの家路』9/19全国ロードショー

第64回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門正式出品
ドイツ映画祭2015 作品賞銀賞受賞

10歳と6歳の兄弟が母を捜す3日間の旅。子供が大人になる切なくも希望に満ちた瞬間を切り取った感動の物語。旅の終わりに、弟を想う主人公ジャックが成長した結果に取る行動とは…


主人公のジャックを演じたのは。撮影当時わずか11歳で、これが俳優デビュー作となるイヴォ・ピッツカー。ドイツ中で6カ月もの間、毎日開かれたオーディションの最終日に、何百人という応募者の中から見出された逸材です。幼い弟のマヌエルと2人で、突然いなくなった母親を捜し歩きます。

まだ靴紐も結べない、か弱く幼い弟を守るために、勇気と知恵をふり絞って次第にたくましくなっていくジャック。
旅の果てにジャックが下す最後の決断に、誰もが自身の“大人になった瞬間”を振り返り、胸を熱くせずにはいられない感動作の誕生です。

男の子が母離れをする過程を描く映画

映画は説明台詞や劇伴を極力排除し、無口ながら行動する10歳の主人公ジャックの行動に寄り添い捉え続けます。
編集が、次から次へと興味を移す男の子の思考のように、妙な説明シーンや長回しなどを入れずポンポンテンポ良く繋がっていくため、全体に静かな感じですが映像にとても集中できます。編集は女性でドキュメント畑の人ですが、その起用が成功しています。

映画全体が非常に女性的に感じました。普通この手の母離れし大人になる男の子の小さな冒険物語を描く場合、もっと困難で厳しい状況やドラマで描くと思うのですが、この映画はどこか優しいのです。そして今どきの親子関係である「母親との友達のような関係」があるからか、描いている状況はサスペンス的であるにも関わらず、さほど悲壮感がありません。
この辺りは監督と共に共同脚本を担当した女優でもあるル・ミュラー=ストフェンの存在のせいかな?と推測しています。

ジャックは過剰な感情表現をしません。グッとこらえて心のなかで感情を処理している風にみえます。この辺り、子役のイヴォ・ピッツカーの自然な演技に注目してほしいです。
あと、いつもいつも眠そう(すきがあれば寝てる(笑))な弟役ゲオルグ・アームズ君の可愛さが、硬質になりがちな映画をほんのり柔らかくしていました。
jack-j-release-info_01

ぼくらの家路

[col_full] [col_third] Jack_J_poster [/col_third]

ストーリー

10歳のジャックは、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれどまだ若く開放的なシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。ところが、ある事件からジャックは施設に預けられることになる。施設で年長者にワケもなくいじめられるジャック。そして待ち続けた夏休みようやくが来るが母から迎えが遅れるという電話が。待ちきれないジャックは施設を飛び出し1人で家に戻るが、母は不在でカギもない。携帯電話は留守番メッセージばかり。ジャックは母に伝言を残すと、預け先までマヌエルを迎えに行く。仕事場、ナイトクラブ、昔の恋人の事務所まで、母を捜してベルリン中を駆け回る兄弟。小さな肩を寄せ合う二人は、再び母の腕の中に帰ることが出来るのか─ [/col_full]

スタッフ&キャスト

監督 エドワード・ベルガー
脚本 エドワード・ベルガー&ネル・ミュラー=ストフェン
出演 イヴォ・ピッツカー、ゲオルグ・アームズ、ルイーズ・ヘイヤー、ネル・ ミュラー=ストフェン、ヴィンセント・レデツキ、ヤコブ・マッチェンツ
2013年/ドイツ/原題:JACK/配給:ショウゲート
© PORT-AU-PRINCE Film & Kultur Produktion GmbH
公式サイト:bokuranoieji.com
公式Facebook:https://www.facebook.com/Bokuranoieji
公式Twitter:https://twitter.com/bokuranoieji

9月19日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー