Home 国内NEWS 6/11(土)公開ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』TVスポット公開

6/11(土)公開ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』TVスポット公開

6/11(土)公開ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』TVスポット公開
0

奇抜なストーリー展開の中に人間の不条理さと滑稽さが入り混じり、ウディ・アレン流の皮肉なユーモアが炸裂する、ホアキン・フェニックス&エマ・ストーン共演『教授のおかしな妄想殺人』が6/11(土)に日本公開です。


主演の人生に悲観し、怪しい魅力で女性たちを虜にする人気哲学科教授役は『her/世界でひとつの彼女』の個性派俳優ホアキン・フェニックス。ヒロイン役には前作『マジック・イン・ムーンライト』に続いてエマ・ストーン。

ウディ・アレンは、「エマからは知性がにじみ出ている。演技の幅の広さは驚異的だ。彼女は必要に応じて、とてもコミカルにも、極めてドラマティックにも演じることができるんだ。」とストーンの演技を絶賛。
irrational-man-tv-spot_01
エマは『教授のおかしな妄想殺人』で東海岸の港町に住む哲学教授に恋する生真面目な女子大生ジルを好演。前作では見られなかったキュートな現代ファッションを披露しています。そしてこの映画、ファッションだけでなくキャラクター描写を含めて、エマ・ストーンがとっても魅力的に撮られています。

TVスポットナレーションに松尾貴史氏が挑戦!

今回のTVスポットでは、松尾らしいコミカル&シニカルな声の演出で、ホアキン・フェニックス演じる教授がネガティブ思考から妙な妄想で元気になっていく姿を熱演。ラストの意味深な笑い声は彼の即興です。

教授のおかしな妄想殺人

ストーリー

夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……

スタッフ&キャスト

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
出演:ホアキン・フェニックス『her/世界でひとつの彼女』、エマ・ストーン『マジック・イン・ムーンライト』、パーカー・ポージー『ブロークン・イングリッシュ』  
Photo by Sabrina Lantos © 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
原題:IRRATIONAL MAN/2015年/アメリカ/英語/95分/<2015年カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門正式出品>
提供:KADOKAWA、ロングライド 配給:ロングライド
公式サイト:kyoju-mousou.com

6/11(土) 丸の内ピカデリー&新宿ピカデリー&Bunkamuraル・シネマ&シネ・リーブル池袋ほか全国公開!