Home 国内NEWS 300名限定『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会

300名限定『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会

300名限定『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会
5

GyaO!映画
『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会実施

〜劇場公開(2013年3月)に先駆けて、300名限定〜

Io_Sono_Li_Gyao_image
『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会ページへ

2011年ヴェネチア国際映画祭FEDIC特別賞など数々の賞を獲得してきたイタリア映画『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』の日本国内劇場公開(2013年3月)に先駆けて、抽選300名限定でいち早く作品を鑑賞できることが出来ます。

このオンライン試写会では、限定300名の抽選もオンラインで行い(※2)、また、抽選にはずれた場合、期間中は、応募から24時間経過した後に再度応募する事が可能です。(※3)
今回のオンライン試写会では、数々の映画賞を獲得した海外の映画作品を、劇場前に鑑賞できる機会を多くの映画ファンに提供してまいります。

※1)応募に際しては、Yahoo! JAPAN IDが必要となります。
※2)応募期間:2月21日(木)00:00〜2月27日(水)23:59
※3)再度の応募は1回のみ(合計2回の応募が可能です)

『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』オンライン試写会

・URL https://yahoo.jp/GifSAR
応募期間:2013年2月21日(木)0:00〜2月27日(水)23:59

『ある海辺の詩人−小さなヴェニスで−』について

〜小さなヴェニスでつづられる、最高に美しくはかない出会いと別れの物語〜
2012年イタリア・アカデミー賞(ルビ:ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞)、2011年ヴェネチア国際映画祭FEDIC賞をはじめ数多くの映画賞を世界各国で受賞、“もっとも美しいイタリア映画のひとつ”とも称された作品です。

ストーリー

“小さなヴェニス”と呼ばれるラグーナ(潟)に浮かぶ美しい漁師町キオッジャ。海辺にたたずむ小さな酒場“オステリア”には毎晩のように地元の男たちが集まり、小さな町で暮らす人々の心の拠りどころになっていた。
オステリアの常連客べーピは、遠い昔故郷を離れこの地にやってきており、心のどこかで孤独を感じていた。そんな彼は、同じく異国からやってきたシュン・リーと出会う。『川はすべて海へ降りてゆく 満たせぬままに吹く風は冷たくも 心を温め 小さな花のように あなたをほほえます』
優しく静かにつづられる詩は、ほのかに光るとう明のように二人の孤独をそっと温め、次第にお互いがかけがえのない大切な存在となっていくのだったが、そんな二人に思いもよらない悲劇が待ち受けていた。時が過ぎ、シュン・リーが久しく訪ねてきたキオッジャにべーピの姿はなく、残されていたのはベーピからの最後の優しい手紙であった。その手紙につづられていた、ベーピの胸を打つ思いとは。

スタッフ・キャスト

監督・原案・脚本:アンドレア・セグレ
チャオ・タオ、ラデ・シェルベッジア、マルコ・パオリーニ、ロベルト・シトラン、ジュゼッベ・バッティストン
原題:Io Sono Li

公開(発売)情報

3月よりシネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショー
公式サイト:https://www.alcine-terran.com/umibenoshijin/