Home 国内NEWS 『ドリーム 私たちのアポロ計画』公開日決定!日本版ポスター公開

『ドリーム 私たちのアポロ計画』公開日決定!日本版ポスター公開

『ドリーム 私たちのアポロ計画』公開日決定!日本版ポスター公開
0

人種差別が当たり前だった1960年代のアメリカで、旧ソ連との宇宙開発競争での劣勢を覆すため、威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の黒人女性の活躍を描く『ドリーム 私たちのアポロ計画』の公開日が9月29日(金)に決定しました。あわせて日本版ポスターも公開されました。


昨年末に全米で限定公開を皮切りに話題となり、年明けからの拡大公開で『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抜いて全米映画興行ランキング1位を獲得。公開から11週連続でのランキングベスト10入りを果たし、本年度の第89回アカデミー賞で作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門にノミネートされ、興行・評価の両面で話題となった『ドリーム 私たちのアポロ計画』は、実話をもとにしたお話です。

1960年代、NASAはテキサス州にありましたが、当時アメリカ南部には有色人種の一般公共施設の利用を禁止制限した人種差別法「ジム・クロウ法」がありました。そのため、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイたちが演じる計算力がずば抜けている黒人女性たちも白人から隔離されて仕事をしていました。
『ドリーム 私たちのアポロ計画』は、こうした米ソによる宇宙競争が激化していた60年代を背景に、NASAのアメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を陰ながら支えていたコンピューターの代わりに軌道計算をする数学に強い黒人女性たちを描きます。

キルステン・ダンスト、ケビン・コスナー、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ、オルディス・ホッジ、グレン・パウエルらが出演。
監督は『ヴィンセントが教えてくれたこと』セオドア・メルフィ。脚本は『ミーン・ガールズ2』アリソン・シュレーダー。
音楽にはファレル・ウィリアムスの書き下ろし楽曲が使われています。

ちなみに邦題の「アポロ計画」は、アメリカ初の有人宇宙飛行計画である「マーキュリー計画」、宇宙滞在と宇宙遊泳を実現する「ジェミニ計画」に続く、アメリカによる月着陸を目的とした3つめの宇宙計画で、本作のタイトルとして使うには違和感があります。史実を扱っている映画である以上、タイトルにも正確性は求められるべきです。

ドリーム 私たちのアポロ計画

スタッフ&キャスト

監督:セオドア・メルフィ『ヴィンセントが教えてくれたこと
脚本:アリソン・シュローダー、セオドア・メルフィ
音楽:ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムス、ベンジャミン・ウォールフィシュ
出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナー、キルスティン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシャラ・アリ
原題:Hidden Figures 配給:20世紀FOX映画
公式サイト:https://www.foxmovies-jp.com/dream-apollo
ⓒ2016Twentieth Century Fox