Home 国内NEWS 『her/世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ監督来日!トークイベント

『her/世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ監督来日!トークイベント

『her/世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ監督来日!トークイベント
1

her-spike-jonze-event-ginza_00アカデミー脚本賞を受賞した『her/世界でひとつの彼女』の公開を前に、銀座のアップルストアーで来日中のスパイク・ジョーンズ監督のトークイベントがありました。


スパイク・ジョーンズが登壇したイベントは「Meet the Filmmaker」というもので、第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベントです。これまでにも山田洋次、是枝裕和、石井裕也など、様々な監督が出演しています。
スパイク・ジョーンズの来日は4年ぶり。しかも急遽、衣装デザインを担当したケイシー・ストームも登壇することになりました。

5月28日(水)Apple Store, Ginza / 3F シアターにて
登壇者:スパイク・ジョーンズ(監督・脚本)、ケイシー・ストーム(衣装デザイン)/MC:野村訓市
her-spike-jonze-event-ginza_01
スパイク:今日は来ていただきありがとうございます。ドウモアリガトウ。みなさんのお役に立つことができれば嬉しいです。
今日はケイシーも来てくれています。彼は20年来の友人であり仕事仲間です。彼がいてくれて心強いです。

野村:スパイクは『かいじゅうたちのいるところ』以来4年半振りの来日ですが、ひさしぶりの日本はいかがですか?

スパイク:僕は日本に来ることがとても大好きです。昨日は野村さんたちとケイシーとカラオケに行ってきました。ケイシーのエミネムのカラオケは凄いんだよ。特にラップが(笑)

野村:いよいよ来月、日本で公開されることについてどう思いますか?

スパイク:日本が最後の公開国だということは僕にとってとても特別な感じがします。もしこれが今年の頭だったらタイミング的に来れなかったと思うんですけど、こうして来日出来て、映画を語れることにとても嬉しく思います。

野村:そしてアカデミー賞脚本賞受賞、おめでとうございます!みなさん拍手をお願いします。

(会場から拍手が起きる)

スパイク:君、無理やりやらせてない(笑)?

野村:みんな拍手したいからしてるんですよ。

スパイク:ドウモ(笑)
her-spike-jonze-event-ginza_02
野村:これまでの作品は別の脚本家がいたり原作がありました。今回はオリジナル脚本でしたが、苦労したことはありましたか?

スパイク:全てにいえることですが、映画を作ることはとても大変なことです。
今回の作品での挑戦はラブストーリーであること、そのラブストーリーはホアキン・フェニックスとスカーレット・ヨハンソンの間に生まれるものなのですが、スカーレットには声だけで心の奥や欲求、不安、そして自己疑念を表現する必要がキャラクターを描く上でありました。
その上で2人の関係をきっちり描き切ること、これが今回一番難しかったことでした。

野村:今回、オリジナルであるとき、なぜ初めてラブストーリーを手がけようと思ったのですか?意外に思ったのですが。

スパイク:僕が心惹かれる題材は、その時自分が考えてること、感じていることなんです。
脚本を書き始めた時、思い馳せていたのは、恋愛関係も含めた人間関係に興味を持っていました。どうしたらそれが上手くいくのか?人とつながるにはどうしたらいいのか?と考えていたんです。
自分が面白いとか、不思議だとか思うこと、それらが全て脚本を書く上できっかけになっています。

ここで突然、スパイクから提案が。

スパイク:さっき思いついたんだけど、ここでひとつコンテストをしようと思うんです。
セオドアは映画の最初で、妻に振られて傷心しているわけなんだけど、この中で同じようにつらい思いをした方はいますか?
僕が一番つらいと思った方が優勝です。誰かいますか?手を上げてください。

女性が2人手を上げました。スパイクはマイクを持ち客席に。直々にインタビューしています。
her-spike-jonze-event-ginza_03
女性客:5年付き合っていた彼氏に先日振られました…。

スパイク:もう大丈夫なの?

女性客:はい!

スパイク:それはよかったね。

と言いながらハグをするスパイク。そんな感じで2人とハグするスパイク。

スパイク:ふたりとも優勝だね。そしてまさにこれが映画で描いていることなんです。誰かと関係を築くこと、そしてそれを保つこと。それを描いた作品なんです。