Home 国内NEWS スパイク・ジョーンズ最新作『her/世界でひとつの彼女』6月28日(土)公開日決定!

スパイク・ジョーンズ最新作『her/世界でひとつの彼女』6月28日(土)公開日決定!

スパイク・ジョーンズ最新作『her/世界でひとつの彼女』6月28日(土)公開日決定!
3

her-japan-release-title-date_00

誰も観たことのない、ラブストーリー。
映画で誰も感じたことのない愛おしさ、切なさ。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国批評会議賞)作品賞&監督賞を受賞。スカーレット・ヨハンソンが人工知能の声を演じて話題のスパイク・ジョーンズ最新作『her/世界でひとつの彼女』(原題:『her』)6月28日(土)公開日決定しました。

ナショナル・ボード・オブ・レビュー作品賞を取った作品は13年連続でアカデミー賞作品賞にノミネートされているので、本作もアカデミー賞ノミネートは確実視されています。
その他にゴールデン・グローブ賞3部門ノミネート、6つもの米批評家協会賞で作品賞・監督賞のノミネーションなど評価が高い作品です。

監督・脚本はスパイク・ジョーンズ。
PV監督として有名になり『マルコヴィッチの穴』から映画に進出、今回は2009年公開『かいじゅうたちのいるところ』以来約4年ぶりの長編映画で初の単独脚本作品、そして初のキューティー映画です。
ただ、相変わらずちょっと変わってますが…立派なロマンス映画に仕上がっています。

出演にホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム「サマンサ」にスカーレット・ヨハンソン。

スカーレット・ヨハンソンは第8回ローマ国際映画祭で史上初声だけの出演で最優秀女優賞を受賞していますし、アメリカの賞レースでも本作の彼女を女優賞としてノミネートするべきかどうかが議論になりました。
ホアキン・フェニックス演じる主人公が恋に落ちてしまうに値するリアリティ、そしてそれが映画賞で評価されている、その『声』に注目です。

Story

近未来のロサンゼルス。セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く代筆ライター。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、傷心の彼はある日、人工知能型OSの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。

出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。
次第にセオドアは“彼女”と一緒に過ごす時間を誰といるより幸せに感じるようになり、”彼女“に魅了されていく―

her/世界でひとつの彼女

監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド、スカーレット・ヨハンソン

6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト:https://her.asmik-ace.co.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/her.spikejonze
公式Twitter:https://twitter.com/her_spikejonze