Home 国内NEWS フランス映画祭2015上映作品『ボヴァリー夫人とパン屋』7月上旬公開決定!

フランス映画祭2015上映作品『ボヴァリー夫人とパン屋』7月上旬公開決定!

フランス映画祭2015上映作品『ボヴァリー夫人とパン屋』7月上旬公開決定!
0

gemma-bovery-info_00

アンヌ・フォンテーヌ監督とファブリス・ルキーニが描く大人のファンタジー
『ボヴァリー夫人とパン屋』7月上旬公開決定!

『屋根裏部屋のマリアたち』のファブリス・ルキーニ、『アンコール!!』のジェマ・アータートン主演、フランスでは4週連続興行成績1位の大ヒット作『Gemma Bovery』の邦題が『ボヴァリー夫人とパン屋』となり、7月上旬シネスイッチ銀座ほかにて全国順次ロードショーとなります。
そして一足先となる、6月26日(金)~6月29日(月)に開催される「フランス映画祭2015」での上映も決定しています。


パン屋を営む、元出版社勤務の文学好きマルタンと、近所に越してきた奔放でチャーミングで魅力的な若い女性、その名も”ボヴァリー”…
gemma-bovery-info_01
サマセット・モームが「世界の10大小説」の一つに挙げ、シャブロル、ソクーロフなど名だたる監督が映画化してきたギュスターヴ・フローベールの最高傑作「ボヴァリー夫人」をテーマに、「ねこのパンやさん」「せかいいちゆうめいなねこ フレッド」などで知られるイギリスの絵本作家ポージー・シモンズの人気グラフィック・ノベルを、『ドライ・クリーニング』『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌが、ちょっぴりユーモラスに、ちょっぴり官能的に描いたキューティー映画です。
gemma-bovery-info_02
フランス、ノルマンディーの素朴で美しい四季折々の風景と、スクリーンから香り立つような本場フランスパンの数々も見どころです。
gemma-bovery-info_03

ボヴァリー夫人とパン屋

[col_full] [col_third] gemma-bovery-info_J_Poster [/col_third]

ストーリー

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフローベールの『ボヴァリー夫人』。
そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェンマに魅了され、日々、彼女から目が離せない。
ところがジェマが年下の男と不倫するのを目撃したマルタンは、このままではジェマが“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのではないか?”と、頭の中で小説と現実が入り交じった妄想が膨らみ… [/col_full]

スタッフ&キャスト

監督:アンヌ・フォンテーヌ『ドライ・クリーニング』『ココ・アヴァン・シャネル』
原作:ポージー・シモンズ 
脚本:パスカル・ボニゼール、アンヌ・フォンテーヌ
音楽:ブリュノ・クーレ『オーシャンズ』『コーラス』
出演:ファブリス・ルキーニ 『屋根裏部屋のマリアたち』、ジェマ・アータートン『アンコール!!』、ジェイソン・フレミング、ニール・シュナイダー
2014年/フランス映画/原題:Gemma Bovery
配給:コムストック・グループ 配給協力:クロックワークス
© 2014 – Albertine Productions – Ciné-@ – Gaumont – Cinéfrance 1888 – France 2 Cinéma – British Film Institute

7月上旬、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!