Home 国内NEWS 10月11日(土)より3週間限定で「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」

10月11日(土)より3週間限定で「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」

10月11日(土)より3週間限定で「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」
1

francois-truffaut-event_00 20世紀を代表するフランス映画の巨匠フランソワ・トリュフォーの映画祭が10月11日(土)〜10月31日の3週間限定で角川シネマ有楽町にて開催されます。


今年で没後30年をむかえるトリュフォー監督の業績を称え、短編デビュー作から遺作までの全23作品を上映されます。監督の命日10月21日をはさんだ形で前後3週間での開催となります。francois-truffaut-event_01

また、映画祭初日の10月11日(土)には、トリュフォー作品の“顔”ともいえる俳優のジャン=ピエール・レオー氏の舞台挨拶も予定されています。

お得な前売券3種類8月30日より発売!

1回券:1,400円
2回券:2,600円(オリジナルエコバッグが1セットに1つ付きます。)
フリーパス:15,000円 (劇場窓口のみ販売。限定100枚)

詳細は公式サイトをご覧ください。
https://mermaidfilms.co.jp/truffaut30/

上映される23作品一覧

francois-truffaut-event_02

関連企画も続々と

  • 没後30年記念出版として平凡社より「トリュフォー最後のインタビュー」(山田宏一・蓮實重彦)が9月末刊行予定。
  • 「大人は判ってくれない」「突然炎のごとく」「終電車」のHDマスターによる初Blu-ray発売。(10月10日発売・販売KADOKAWA角川書店)
  • 映画祭期間中、劇場ロビーにて野口久光氏の手によるトリュフォー作品のポスターや写真類の展示(京都文化博物館にて10月7日〜12月7日まで、野口久光シネマ・グラフィックス 魅惑のヨーロッパ映画ポスター展開催)