Home 国内NEWS フランス映画祭2016開催決定。オープニング作品はカトリーヌ・ドヌーヴ最新作

フランス映画祭2016開催決定。オープニング作品はカトリーヌ・ドヌーヴ最新作

フランス映画祭2016開催決定。オープニング作品はカトリーヌ・ドヌーヴ最新作
0

フランス映画祭2016の開催日程、オープニング作品などが発表されました。6月24(金)〜27日(月)の4日間、会場は有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇です。


今年も多くのゲストが来日予定です。上映作品は新作12本とクラシック作品1本の計13本を予定。
ユニフランス代表のコメントによると、今年は女性監督作品が多いということで、キューティー映画がどれだけ観れるか期待です。

イザベル・ジョルダーノ(ユニフランス代表)からの開催記念コメント

早くも第24回目を迎えるフランス映画祭。今年もまたベテランから将来有望な若手の監督・俳優とともに、フランス映画の今を皆様にお伝え出来ることを大変嬉しく思います。
今年は昨年より1作多い、全13作の長編作品をご紹介します。各作品の舞台は、国も時代もさまざま。登場人物はみな、多様なシチュエーションの中で、自分自身を見つける旅に出ているようです。また、今年は女性監督による力強い作品が数多く揃います。その女性ならではの視点やエネルギーにぜひ注目してください。
今年ご紹介するフランス映画と共に、世界に向けた旅にでましょう!6月にお会いできることを楽しみにしています」

ジャック・リヴェット監督のデビュー作『パリはわれらのもの』 追悼上映決定!

festival-du-film-francais-au-japon-2016-1st-info_01
ヌーヴェルヴァーグを代表する映画監督ジャック・リヴェット。フランス映画祭は、今年1月29日に87歳で逝去したリヴェット監督を追悼し、1960年の長編デビュー作『パリはわれらのもの』をデジタルリマスターで上映します。

オープニング作品はカトリーヌ・ドヌーヴ最新主演作『太陽のめざめ』

オープニング作品は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演、第68回カンヌ国際映画祭で女性監督史上2度目のオープニングを飾ったエマニュエル・ベルコ監督作です。8月からシネスイッチ銀座ほか全国順次公開が予定されています。
festival-du-film-francais-au-japon-2016-1st-info_02
判事のフローランスは、母親に置き去りにされた6歳の少年マロニーを保護する。しかし10年後、マロニーは育児放棄により心に傷を負い、非行を繰り返していた。マロニーと再会したフローランスは、似た境遇で更生したヤンを教育係にし、彼に優しく手を差し伸べる。

2015年/119分/原題「La Tête haute」
© 2015 LES FILMS DU KIOSQUE – FRANCE 2 CINÉMA – WILD BUNCH – RHÔNE ALPES CINÉMA – PICTANOVO

フランス映画祭2016 開催概要

開催日程:6/24(金)〜27(月)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇
公式サイト:www.unifrance.jp/festival
Twitter:@UnifranceTokyo
Facebook:https://www.facebook.com/unifrance.tokyo
festival-du-film-francais-au-japon-2016-1st-info_03