Home 国内NEWS インド産キューティー映画『マダム・イン・ニューヨーク』日本での興収が1億円を突破!

インド産キューティー映画『マダム・イン・ニューヨーク』日本での興収が1億円を突破!

インド産キューティー映画『マダム・イン・ニューヨーク』日本での興収が1億円を突破!
8

english-vinglish-j-boxoffice-million_00英語を話せないインドの主婦が、姪の結婚式のためNYで過ごすことになり英会話学校に通う…という、cueイチオシのキューティー映画『マダム・イン・ニューヨーク』、6月28日から東京で公開されて以来、口コミ効果もあり全国に広がって未だ上映されていますが、日本での興行収益が1億円を突破しました!


世界の興行収益をまとめている「Box Office Mojo」によると、『マダム・イン・ニューヨーク』は、インド以外では日本を含めてイギリス、オーストラリア、ドイツ、香港など8カ国で公開されています。
これまではイギリスでの興収74.4万ドル(約7440万円)がこれまで最大でしたが、日本が最大の興収となりました。
english-vinglish-j-boxoffice-million_01
『マダム・イン・ニューヨーク』の上映館の推移をみていくと、各地でファーストランが終わった後、同じ地域の別の映画館で新たな上映がはじまっています。ファーストランで見れなかったお客さんやリピーターの動員が期待できるということでしょう。

『マダム・イン・ニューヨーク』はそれだけの価値のあるキューティー映画です。日本版の予告編も『奥さまは魔女』のナレーター、中村正氏を起用するなど、宣伝が実に小粋でした。
https://youtu.be/Sp5p0OhEVqk

さらに『マダム・イン・ニューヨーク』の他に、8月から順次公開されている『めぐり逢わせのお弁当』と『バルフィ!人生に唄えば』のインド映画3本が配給会社の枠を越えて、互いに連携を組んで宣伝しています。
どれも「インド映画」というカテゴライズが無意味になる、秀作、傑作ぞろいです。未見の方はぜひ映画館でご覧ください。
[browser-shot url=”https://madame.ayapro.ne.jp/” width=”500″]
『マダム・イン・ニューヨーク』公式サイト:https://madame.ayapro.ne.jp/
[browser-shot url=”https://lunchbox-movie.jp/” width=”500″]
『めぐり逢わせのお弁当』公式サイト:https://lunchbox-movie.jp/
[browser-shot url=”https://barfi-movie.com/” width=”500″]
『バルフィ!人生に唄えば』公式サイト:https://barfi-movie.com/

当サイトでは主演のシュリデヴィが来日の際インタビューをしていますので、こちらもどうぞ。

『マダム・イン・ニューヨーク』シュリデヴィ インタビュー