Home 国内NEWS 『グロリアの青春』セバスティアン・レリオ監督最新作『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公開日決定

『グロリアの青春』セバスティアン・レリオ監督最新作『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公開日決定

『グロリアの青春』セバスティアン・レリオ監督最新作『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公開日決定
0

レイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムスの2人の密かな恋を描く、セバスティアン・レリオ監督最新作『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』が2020年2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開されます。


『グロリアの青春』(2013年)で第86回アカデミー賞外国語映画賞のチリ代表に選出され、第90回アカデミー賞では『ナチュラルウーマン』(2017)で見事外国語映画賞を受賞した俊英・セバスティアン・レリオ監督。これまで祖国チリを舞台にした映画を作ってきましたが、今回の映画は舞台をイギリスにし、レイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムスというオスカー女優を起用して、初めて英語作品を手掛けています。

『ナチュラルウーマン』の脚本を書き終えてすぐに本作の脚色を始めたというレリオ監督。
「僕がこのプロジェクトを引き受けた主な理由の一つは、レイチェル・ワイズが関わっていた事だ。僕は常に彼女を敬愛していて、彼女の反骨精神をもつロニートに魅かれずにはいられなかった。僕は彼女がロニートを演じる事を念頭に置いて脚本を書き上げた。僕が常に敬愛してきた彼女に関するあらゆることが具現化され、光り輝くチャンスとなった。ロニートのパーソナリティーが複雑な感情を表現できる多くのチャンスを生み出した。」
とレイチェル・ワイズと一緒に映画を作ることができた喜びを語っています。

さらに抑圧された敬虔なユダヤ教が背景にあるコミュニティーにおいて、父と信仰を捨てて故郷を去ったロニートと、ユダヤ社会で生きていくことを決めたエスティという対象的な二人の女性を描いたことについて、
「物語はロニート、エスティ全ての感情のスペクトルを追究する。彼女たちはとてもリアルで、とても親しみを感じさせる。観客は登場人物たちと一緒にダイニング・テーブルに座っていたりベッドに横たわっていたりする感覚となる。たとえロンドンのユダヤ教超正統派地区の覆い隠された世界の事をあまり知らなくても、この映画はとても身近な、不思議と慣れ親しんだような感情を起こさせるんだ。」
と、ロニートとエスティが“本当の自分”を取り戻していく姿に、国や文化は関係なく一人の人間として共感を得られる作品であると本作の魅力を語りました。

ロニートとエスティ 彼女たちの選択

ストーリー

厳格な超正統派ユダヤ・コミュニティで生まれ育ったロニートとエスティ。惹かれあっていた二人を、コミュニティの掟は赦さなかった。ロニートはユダヤ教指導者の父と信仰を捨てて故郷を去り、残されたエスティは幼なじみのドヴィッドと結婚してユダヤ社会で生きることとした。月日が流れ、父の死をきっかけにロニートが帰郷し、再会した二人。封印していた熱い想いが溢れ、信仰と愛の間で葛藤する二人が選んだ道とは…

スタッフ&キャスト

監督:セバスティアン・レリオ(『グロリアの青春』、『ナチュラル・ウーマン』)
キャスト:レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス、アレッサンドロ・ニヴォラ

2017年/イギリス/英語/114分/原題:Disobedience PG12
© 2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.
phantom-film.com/ronit-esti