Home 国内NEWS キューティー映画ファンに朗報!ディズニー+、年内に日本でサービス開始

キューティー映画ファンに朗報!ディズニー+、年内に日本でサービス開始

キューティー映画ファンに朗報!ディズニー+、年内に日本でサービス開始
0

ディズニーの配信サービス「ディズニー+」が、2020年内に日本でサービスを開始することがわかりました。ドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンの「ディズニー・デラックス」とは別サービスでの展開となります。


2019年11月に北米、カナダ、オランダでサービスを開始したディズニー+。2020年3月末からはイギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストリア、スイス、そしてインドでもサービスが開始されました。

ディズニーが総力をあげて展開を始める新配信サービス「ディズニー+」の配信開始日、金額、配信国が発表されました。日本での配信は年内はない模様です。ディズニー+はキューティー映画、ファミリー向けのみの...

会員は一気に5000万人を突破。先行していたNetflixの総加入数が1億6700万人なので、5ヶ月でほぼ1/3まで到達したことになります。

そして2020年内に日本とラテン・アメリカでもサービスを開始することが公式に発表されました。時期等は不明ですが後半になるようですから11月ころではないかと思われます。
月額料金はだいたい現地貨幣の7の数字近いので(米:6.99ドル/月、ヨーロッパ:6.99ユーロ)日本でも700〜800円付近ではないかと思われます。

日本ではドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンが独自に展開している配信サービス「ディズニー・デラックス」があります。
しかしこのサービスは既存の映画コンテンツが中心で、ディズニー+の売りであるオリジナル新規コンテンツは、スター・ウォーズのドラマシリーズ「マンダロリアン」以外配信されていません。さらにいうとキューティー映画系よりアニメーション、スター・ウォーズ、マーベル中心でキューティー映画系の展開は期待できません(過去のディズニー実写作品の多くは配信中)。

今回はこのディズニー・デラックスとは別のサービスになると思われます。やっとディズニーの実写新作キューティー映画が日本でも見ることができるようになります!

2019年後半からサービスが開始されるディズニーの新配信サービスの名称が正式に「ディズニー+」と発表されました。ラインナップはスター・ウォーズ、マーベル、ピクサーなどの有名作品やキャラクターを使ったも...

ただ、ディズニー+が日本でも開始されてもドラマ系には問題が残ります。

ディズニー+で配信が予定されていた人気ドラマシリーズ「ハイ・フィデリティ」「Love,サイモン 17歳の告白」などが、ディズニー+がファミリー向けで表現に制限があることから、表現に自由なディズニーが運営している米Huluに配信先を移動しています。
ディズニーの配信サービスは、ファミリー向けはディズニー+、大人向けは米Huluと棲み分けが出来ていてセットで展開しています。
米Huluは日本のHulu(日本テレビが運営)とは全く別のものなので、米Huluでの人気ドラマの日本での配信は難しいでしょう。

それでも人気の新作キューティー映画や、ディズニー・チャンネル・ムービーなどが配信されることを考えるとディズニー+の日本での配信はキューティー映画ファンにとって朗報以外の何物でもありません。今後の続報をお楽しみに!