Home 国内NEWS ガーデニングの世界大会に挑むヒロインを描く『フラワーショウ!』7/2(土)公開決定!

ガーデニングの世界大会に挑むヒロインを描く『フラワーショウ!』7/2(土)公開決定!

ガーデニングの世界大会に挑むヒロインを描く『フラワーショウ!』7/2(土)公開決定!
0

dare-to-be-wild-j-release_00ガーデニングの世界大会「チェルシー・フラワーショー」を舞台に、夢の実現に挑むヒロインを描くキューティー映画『フラワーショウ!』(原題:Dare to be wild)が、7/2(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開することが決定しました。


『フラワーショウ!』は、コネもお金もキャリアもないアイルランド出身のヒロインが、権威主義がはびこる豪華絢爛たるフラワーショーを舞台に、エチオピアで見た風景をヒントに、あえて華やかな花を使わず雑草とサンザシの木などを使用し、出来る限り自然に近い庭を作るという型破りなアプローチで挑むキューティー映画です。

フラワーショーの歴史を塗り変えたランドスケープ・デザイナー、メアリー・レイノルズの実話に基づいています。

アイルランドの田舎で育ったメアリーは、ガーデンデザイナーになるのが夢。夢の実現のため、著名なガーデンデザイナー、シャーロットのアシスタントとなるものの、コキ使われた挙句デザインノートまで盗まれ、クビになってしまいます。

どん底のメアリーがひらめいたのは、毎年世界中から注目される“チェルシー・フラワーショー”で金メダルを獲ること。
コネもお金も経験もないメアリーでしたが、ヒッピー風の庭師や密かに思いを寄せる植物学者のクリスティらで寄せ集めチームを結成し、一路チェルシーフラワーショーへ。メアリーの挑戦が始まります!

チェルシー・フラワーショーとは?

ロンドン・チェルシーで毎年開催され、100年以上の歴史を誇る最も権威のあるガーデニング&フラワーショー。世界のガーデニングのトレンドを左右するとも言われるショーは、著名な園芸家たちが競って最先端なデザインを出展し、毎年15万人以上もの観客が訪れる世界的な祭典。主催は、エリザベス女王が総裁を務める英国王立園芸協会。

フラワーショウ!

監督・脚本:ヴィヴィアン・デ・コルシィ
出演:エマ・グリーンウェル、トム・ヒューズ(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』 )、クリスティン・マルツァーノ
2014年/アイルランド/100分/原題:Dare to be wild/後援:アイルランド大使館/配給:クロックワークス
提供:クロックワークス、東北新社/Presented by スターチャンネル
© 2014 Crow’s Nest Productions
公式サイト:flowershow.jp

7月2日 ヒューマントラストシネマ有楽町、
YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー