Home 国内NEWS キューティー映画が多数上映「あいち国際女性映画祭2016」9/7〜11開催

キューティー映画が多数上映「あいち国際女性映画祭2016」9/7〜11開催

キューティー映画が多数上映「あいち国際女性映画祭2016」9/7〜11開催
0

他では観れないアジア系キューティー映画を上映する「あいち国際女性映画祭」が9月7日(水)〜11日(日)まで名古屋市のウィルあいちで開催されます。今年も注目の作品が集まりました。


1996年以来、今年で20周年となる「あいち国際女性映画祭」。今年は特別企画で『キャロル』が上映されます(9月9日(金)18:00/ウィルホール)。
映画祭はいくつかの企画がありますが、中でも「アジアムービー・インパクト」企画に注目です。要注目のキューティー映画が集まっています。

念念

台湾、香港/2015年
9月7日(水)18:00/ウィルホール
台湾緑島で生まれ育った兄妹ナンとメイは両親の離婚で離ればなれに。成長したナンは島の観光ガイドとなり、メイは台北で画家を目指す。メイの恋人シァンは選手生命の危機を抱えるボクサー。ナンはメイを探しに台北行きを決意。3人の若者たちを巡る心の葛藤を繊細且つ幻想的に描いた作品。

Daughter

パキスタン/2014年
9月8日(木)10:00/ウィルホール
敵対する部族との和平のため、その長トルグルと結婚させられることになった10歳の娘ゼナブ。母親は自分と同じ運命を辿らせまいと娘を連れて家を飛び出す。夫とトルグルに追われ、命からがら通りすがりのトラックに乗り込む母娘。心優しいトラック野郎とともに、母娘の逃亡劇が始まる。

わたし、ニューヨーク育ち

マレーシア/2016年
9月8日(木)16:10/ウィルホール
NYで生まれ育った12歳のサラは、母親の仕事の関係でマレーシアの祖父のもとに預けられることになった。だが、初めて接するマレーシア文化に戸惑い、祖父と衝突の毎日。虚勢を張って寂しさを隠すサラだったが、次第に祖父や隣人たちに心を開いていく。コミカルで心温まる物語。

アニタのラスト・チャチャ

フィリピン/2013年
9月9日(金)10:00/ウィルホール
娘の幸せな結婚を願う母に反し、長い髪やきれいなドレスに違和感を抱く12歳のアニタ。ある日、10年ぶりに町に戻ってきた美女ピラルに心奪われ、本当の自分に気付く。しかしピラルの望みは…。チャチャの軽快なリズムに乗せ、軍人となったアニタの初恋をみずみずしく描いた作品。

ストーリーフィリピン軍の軍人アニタには、甘酸っぱい少女の頃の記憶があった…。口うるさい母、デキ婚をした従兄と共に田舎町で暮らす12歳のアニタはおてんば盛り。ある日、10年前に村を出ていったピラルが父親が...

ベトナムの怪しい彼女

ベトナム/2015年
9月10日(土)10:00/大会議室
ある日突然20歳に若返ってしまった70歳のダイ。女手ひとつで息子を育て上げた彼女は、失われた青春を取り戻そうと孫のバンドにボーカルとして参加する。ベトナム映画歴代興行記録第1位となった話題作。主演ミウ・レのキュートな魅力が眩しい、笑って泣けるハートフル・コメディ。

香港はもう明日

香港、アメリカ/2015年
9月11日(日)14:10/ウィルホール
出張で初めて香港を訪れた中国系アメリカ人ルビーの道案内を買って出たのはアメリカ人駐在員のジョシュ。100万ドルの夜景の中でとりとめもない会話をする2人。いつしか気持ちが急接近するが、ふとした出来事が2人の仲を引き裂く。1年後、香港で2人は偶然再会するが―。

これ以外にドキュメンタリー映画『わたしはマララ』も上映されますが、こちらは別料金が設定されている特別企画となります。
また、女性の同性愛を扱ったイタリア映画の『私と彼女』も上映されます。

あいち国際女性映画祭の詳細については公式サイトをご覧ください