1. Home
  2. 国内NEWS
  3. エル・ファニングがトランスジェンダーを演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じる『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編
0

エル・ファニングがトランスジェンダーを演じ、ナオミ・ワッツが母を、スーザン・サランドンが祖母を演じる3代の親子の絆の物語、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開される『アバウト・レイ 16歳の決断』の日本語版予告編が公開されました。


エル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、トランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

ナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、そしてスーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーを演じます。レイの決断に戸惑いながらも、次第に一番の理解者となっていく2人。新しい時代の新しい家族の形を描きます。

予告編で使用されているテーマソングを歌うのは、19歳の若手シンガー、ショーン・メンデス。主題歌「life of the party」の歌詞は、『とにかく自由に振る舞って 周りのことは気にもしないで』『「普通」でなくてもかまわないどうせ失敗するのなら』など、レイの生き方を後押しするような、本作をより一層色付ける主題歌となっています。

アバウト・レイ 16歳の決断

ストーリー

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療に
ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて…」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ
理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。
そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ
こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる。

スタッフ&キャスト

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
原題:3 Generations