Home 国内NEWS 2016年1月18日〜2月18日 第6回 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル

2016年1月18日〜2月18日 第6回 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル

2016年1月18日〜2月18日 第6回 マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル
0

2016-myfff_00

第6回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 2016年1月18日〜2月18日
今年も開催!短編作品は全て無料配信!

「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)」は、2011年にスタートしたユニフランス・フィルムズが世界中で展開するオンライン映画祭です。日本語をはじめ、各国語で字幕を用意し、最新のフランス映画をご紹介しています。


長編の有料上映の他、短編映画は全て無料配信。会期終了後には、観客賞のほか審査員賞等も発表されます。ミシェル・ゴンドリー監督が審査委員長を務めた2015年は207の国と地域において、延べ56万回の視聴回数を記録しました。
今年のラインナップに関しては日本時間1月18日の配信開始日に明らかになります。

また、アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)にて、過去のmyFFFより話題となった長編3作および、最新配信作品より長編1作、短編3作を特別にスクリーンにて上映いたします。

そのほかにもcafé de cinéma(www.facebook.com/cafedecinema/)とのコラボレーションで、東京都内にてmyFFF期間中に上映イベントを開催予定!詳細は随時SNS等で発表します。

第6回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(myFFF)開催概要

配信サイト:myFFF公式サイト(www.myfrenchfilmfestival.com)、iTunes(長編のみ)、GooglePlay、Amazon.co.jp、青山シアター(https://aoyama-­‐theater.jp/)、VIDEX(https://www.videx.jp/)、GYAO!(https://gyao.yahoo.co.jp/、短編のみ)、モバイル:ぷれシネ(www.facebook.com/precinema/, iOS アプリ、短編のみ)、SHUUN(ソフトバンクモバイルサイト、短編のみ)ほか

開催日:2016年1月18日〜2月18日(視聴権購入期限)
料金:公式サイト 長編映画1作品:1.99€、全話パック:5.99€。短編無料。
その他配信サイト 長編1作品:HD:500円、SD:400円 /全話パック HD:1,500円、SD:1,000円
*視聴料金は変更になることがございます。
*配信作品はサイトにより変更になることがあります。
*短編作品はすべて無料配信となりますが、配信サイトによっては月額使用料等がかかる場合がございます。
主催:ユニフランス・フィルムズ
日本語字幕協力:映画美学校 映像翻訳講座

スクリーンで見よう!マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 開催概要

会期:1月22日(金)〜24日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京(〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町15)
料金:会員500円、学生800円、一般1,200円
チケット販売時間:上映当日各回の1時間前から上映開始20分後まで。チケット販売時間内に当日すべての回のチケットをご購入いただけます。
主催:アンスティチュ・フランセ東京、ユニフランス・フィルムズ
詳細:https://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-­‐manager/cinema1601220124/

『イースタン・ボーイズ』(上映日:1/22 19:00〜、1/23 15:40〜)

イースタン・ボーイズ
(フランス/2013年/128分/デジタル上映/日本語字幕)
監督:ロバン・カンピヨ
出演:オリヴィエ・ラブルダン、キリル・エメリャノフ
パリ・北駅。独身の中年ビジネスマン、ダニエルは東欧からの不法移民マレクに声をかけ、自宅に誘う。翌日、彼の人生を大きく狂わせる罠が待ち受けていることも知らず、ダニエルは自宅のドアを開ける…。不法移民問題、ミドルエイジクライシス、同性愛をスリリングに描き、2015 年のmyFFFで反響を呼んだ問題作。2015年のセザール賞では、最優秀作品賞ほか3部門にノミネートされた。主演のオリヴィエ・ラブルダンは『そして友よ、静かに死ね』、『96時間/リベンジ』への出演で知られる。
「フランス社会の底辺で生きる目的もなく、駅にさまよう若者たち。マージナルな世界でひそかに結ばれてゆく絆を鋭い視線で描いた叙情的な作品が誕生した。」(テレラマ)
2013年ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ賞受賞
作品紹介ページヘ

『呼吸—友情と破壊』(上映日:1/23 18:30〜、1/24 12:20〜)

呼吸—友情と破壊
(フランス/2014年/92分/デジタル上映/日本語字幕)
監督:メラニー・ロラン
出演:ジョゼフィーヌ・ジャピ、ルー・ド・ラージュ、イザベル・カレ
シャルリは控えめで成績優秀な高校生。高校最終年のある日、美しく個性的なサラが転校してくる。サラはシャルリに近づき、2人は急速に仲を深めて行くが、彼女達の関係は、謎めいたサラの生活と共に次第に危うさを露呈していく。
女優メラニー・ロラン(『複製された男』、『オーケストラ!』)の長編監督2作目。「自己愛の強い倒錯者について語りたかった」というねらいを見事に実現した意欲作。
「サラ役のルー・ド・ラージュは、穏やかな表情から、サディスティックな顔へとワンカットで切り替わる。シャルリ役のジョゼフィーヌ・ジャピは狂気の淵でのあやうい綱渡りを、見事に演じた。2 人ともこれからの活躍が楽しみな女優だ。」(テレラマ)
2014年カンヌ国際映画祭国際批評家週間特別上映作品
第5回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル 国際報道機関賞受賞
作品紹介ページヘ

『ギャロップ』(上映日:1/23 13:00〜、1/24 17:30〜)

ギャロップ
(フランス/2012年/93分/デジタル上映/日本語字幕)
監督・主演:ルイ=ドー・ドゥ・ランクザン
出演:マルト・ケラー、ヴァレンティナ・チェルヴィ、アリス・ドゥ・ランクザン
仕事に恋に、順調な人生を歩んできたアダ。パートナーとの子供も授かり、結婚する予定だ。そんな幸せな生活を謳歌していたある日、作家のポールに出会い親密な仲となる。突然ポールの父親が亡くなったことから2 人の関係は急展開。すべてが今この時を待っていたかのように、時計の針が廻り始める。
ミア・ハンセン=ラブの『あの夏の子供たち』で主演を務めたルイ=ドー・ドゥ・ランクザン初長編監督作品。同作でも共演した自身の娘、アリス・ドゥ・ランクザンも出演。
第4回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル ソーシャルネットワーク賞受賞
2012年カンヌ映画祭批評家週間出品
作品紹介ページヘ

上記作品の他に、第6回myFFF配信作品より長編1本、短編3本を上映(上映作品は1月18日発表予定)