Home 国内NEWS 7/12(土)から開催!第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

7/12(土)から開催!第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

7/12(土)から開催!第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭
7

2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_00第23回となる東京国際レズビアン・ゲイ映画祭。ここでしか見れないキューティー映画も上映される注目の映画祭です。
特に注目は、cueが公開前か取り上げてきた『G.B.F』の上映です!
学園の女王様のステイタス「ゲイの友達を持つこと」を描いたキューティー映画です。去年ロサンゼルスのレズビアン&ゲイ映画祭OUTFESTの野外上映(大盛況で楽しかったです)で見てきましたが、なかなか楽しい作品でした。


クラウドファンディングで注目のキューティー映画『G.B.F』
ロスのレズビアン・ゲイ映画祭「OUTFEST 2013」閉幕。各賞発表

第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

会場2ヶ所を引き継ぐ形で7/12(土)~7/21(月・祝)の9日間開催されます。それぞれの会場で上映作品と時間が違うのでご注意を。公式サイトをチェックしてください。
2014/07/12(土)~7/18(金):ユーロスペース(レイトショーのみ)
2014/07/18(金)~7/21(月・祝):スパイラルホール

公式サイト:https://tokyo-lgff.org/2014/
上映作品一覧:https://tokyo-lgff.org/2014/program/23rd_film_festival

cueが注目する作品

アビーと秘密の部屋 Concussion

7/13(日)21:10 ユーロスペース|7/19(土)18:40 スパイラルホール
2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_01
アビーはニューヨーク郊外で裕福に暮らす主婦。家事と子育てに追われ、多忙な弁護士の妻とは夜の営みもおろそか。そんな刺激のない毎日に嫌気がさしたアビーは、マンハッタンにセカンドハウスを購入し、女性相手の高級娼婦の仕事を始める。新しい自分に目覚めた彼女は、危険なダブルライフにのめり込んでいくが…

アニタのラスト・チャチャ Anita’s Last Cha-Cha

7/20(日)11:50|7/21(月)19:40 共にスパイラルホール
2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_02
軍人のアニタは父の形見のハーモニカを吹きながら、少女時代を回想する。口うるさい母やデキ婚をする従兄と共に田舎で暮らす12歳のアニタ。ある日、10年前に村を出ていったピラルが絶世の美女となって戻ってくる。ピラルにひと目ボレしたアニタは「あの人と結婚する!」と友達の前で宣言するが、ピラルには忘れられない昔の恋人が…。大人の女性と少女の恋というユニークな物語をコメディタッチで描く。
https://youtu.be/7iTsAm9KGXc

ヴァギナ・ウルフなんかこわくない Who’s Afraid of Vagina Wolf?

7/19(土)13:50|7/20(日)18:45 共にスパイラルホール
2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_03
仕事も恋人もなく友人のガレージに居候している映画監督のアナ。うだつの上がらない人生にウンザリした彼女は、40歳の誕生日を機に『バージニア・ウルフなんかこわくない』のレズビアン版映画を作ることを決意する。ドラマ『Lの世界』でおなじみのグィネヴィア・ターナーとジャニナ・ガヴァンカーの出演も見どころ。アナ・マルガリータ・アルベロ監督の半自伝的なロマンティック・コメディ。

G.B.F.

7/14(月)21:10 ユーロスペース|7/18(金)20:00 スパイラルホール
2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_04
タナーとブレントは冴えない高校生のゲイカップル。ブレントはカミングアウトして学校の女王たちのステイタスであるG.B.F.(ゲイ・ベスト・フレンド)になり脚光を浴びることを企むが、消極的だったタナーの方が先に注目され女王たちによるタナー争奪戦が勃発!突然スポットライトを浴びたタナーにブレントは嫉妬を隠しきれず、二人の仲は険悪に…。『ハード・キャンディ』のダレン・スタイン監督が贈る学園コメディ。

52チューズデイ52 Tuesdays

7/19(土)20:50|7/21(月)11:30 共にスパイラルホール
2014-tokyo-lesbian-gay-film-fes_05
16歳のビリーはちょっとマセた高校生。ある日、母親から「男性になりたい」と告げられる。母親のホルモン治療の間、ビリーは父親と暮らし、毎週火曜日に母親を訪ねることに。そうしていつしかビリーは自分の性とも向き合うことになる。
2014年サンダンス映画祭監督賞(ワールドシネマ部門)受賞。