Home 映画祭 『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 アントン・コービンが語る「デイン・デハーンをジェイムズ・ディーンにしたのはメタリカのラーズ」

『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 アントン・コービンが語る「デイン・デハーンをジェイムズ・ディーンにしたのはメタリカのラーズ」

『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 アントン・コービンが語る「デイン・デハーンをジェイムズ・ディーンにしたのはメタリカのラーズ」
0

life-anton-corbijn-talk_00

第28回東京国際映画祭特別招待作品『ディーン、君がいた瞬間(とき)』
伝説のロックフォトグラファー、アントン・コービン監督来日。
デイン・デハーンをジェームズ・ディーンにしたのはメタリカのラーズ・ウルリッヒだった!

24歳でこの世を去った20世紀最大のスター、ジェームズ・ディーンと、「LIFE誌」の天才写真家デニス・ストックとの知られざる旅路を描いた『ディーン、君がいた瞬間(とき)』が、12月からの公開に先駆け、第28回東京国際映画祭にて特別招待作品として上映されました。アントン・コービン監督が7年ぶりに来日し、10月24日(土)の新宿バルト9の上映回に登壇して色々語ってくれました。


自身の伝記映画(「アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影」)があるほど、世界的に有名な写真家であるアントン・コービン監督。写真家が撮ったジェームズ・ディーンと写真家デニス・ストックの物語である本作。
なぜ今ジェームズ・ディーンなのか?なぜ写真家とのエピソードに注目したのか?キャスティングについてなど、映画の制作秘話をたっぷり語ってくれました。

監督は、2007年にジョイ・ディヴィジョンのボーカル、イアン・カーティスの半生を描いた映画『コントロール』を撮って数々の賞を受賞しました。今回はミュージシャンでなくジェームズ・ディーンに興味を持った理由を教えてください。

映画のタイトルから、ほとんどの方がジェームズ・ディーンの名前にひっかかるかと思いますが、元々僕は40年以上カメラマンをやっていることもあり、デニス・ストックの方に興味がありましたし、デニスと多くの目にさらされている被写体との関係に共感しました。
なので、この映画はカメラマンとその被写体との関係、その両者のバランスについての話になっています。たまたまその被写体がジャームズ・ディーンだったということが、この作品を面白くしているのです。

僕はジェームズ・ディーンが亡くなった年に生まれたので、彼とは会ったことがありません。
初めて彼を見たのは10代後半になってからで、それはポスターでした。彼の映画を観たのはさらにもっと後で、この映画を撮ってみて、はじめて僕は人物としてのジェームズ・ディーンを知ることとなりました。
彼は50年代のムーブメントでとても重要な人物でした。第二次世界大戦から10年を経た人たちが、彼を通して、音楽や映画などから自分たちの声をあげるようになったのです。

アントン監督は、U2、デヴィッド・ボウイ、ローリング・ストーンズなどなど数々の世界的アーティストを撮られています。本作のジェームズ・ディーンとデニス・ストックのように、被写体との関係を築くための秘訣、そしてそれがどう映画に活かされたのか教えてください。

信頼関係があると家族の一員のようになって、ユニークな写真を撮ることができます。
実際に私もそういった関係を築くことができました。例えば、U2、マイケル・スタイプ、デペッシュ・モードなどです。
そして、そのことがこの映画には描かれています。ジェームズ・ディーンとデニス・ストックとの間には特別な友情が生まれ、デニスはディーンの故郷という特別な場所で写真を撮ることができたのです。

ジェームズ・ディーン役のデイン・デハーン、デニス・ストック役のロバート・パティンソン、それぞれ彼らを抜擢した理由を教えてください。

デハーンにとって、ジェームズ・ディーンというのは有名なアイコンであり大好きな俳優だったので、彼はこの役をやりたがらず、僕に会おうともしませんでした。
でも共通の友人であるメタリカのドラマー、ラーズ・ウルリッヒが彼を説得してくれたんです。
デハーンはどんな役をやってもその人が実際にいるかのように感じさせてくれる俳優だと思います。外見を似せることも重要ですが、それには限界がある。そのギャップを埋める才能をもつ俳優だと思います。

ロバートは『トワイライト』で成功しましたが、今彼は役者として色々挑戦的な役を多く演じています。彼からは「役者としての自分の実力を証明したい!」というのを強く感じます。
それはこの映画でのデニスの考えにも似ています。ロバートは直感的な俳優で、心に雲がかかったような悩みを抱えていて、この役にぴったりでした。
現場では2人がいることで、とてもいい空気感が生まれたし、一緒に仕事をしていてとても楽しかったです。

日本のアーティストで興味のある方はいますか?撮影したい被写体は?

写真というジャンルでいうと、森山大道さん、荒木経惟さんが大好きなのでお会いしてみたいですし、会えたら嬉しいですね。

日本に来ての感想をお聞かせください。

今回が6回目の来日なのですが、毎回来る度に驚かせられるし素晴らしいと思います。そして、僕はベジタリアンですが、食べ物についてもファンです。
毎回来る度にもっと長く滞在できればと思っています。ローテクとハイテクが混ざり合った僕の感覚を常に刺激してくれる場所ですね。

日本の観客に本作の見所、メッセージをお願いします。

この映画には、大きなメッセージが込められているわけではなく、もっとニュアンスを感じる映画だと思っています。
原題は『LIFE』で、このタイトルには雑誌の「LIFE」という意味も含まれていますが、誰かとの出会いが自分の人生に大きく影響を及ぼすことがある、「人生」の意味もあります。
また、ディーンはこの映画で描かれている旅の半年後に亡くなっているのですが、LIFE(生きる)の反対側に“死”とういうものが漂っているんです。
そして、カメラマンと被写体との関係を2人の俳優が素晴らしい演技でみせてくれていたので、つくるのも楽しかったですし、映画としてもそこが見所だと思います。

ディーン、君がいた瞬間(とき)

Life_j_poster

ストーリー

1955年、アメリカ。マグナム・フォトに所属する、野心溢れる若手写真家デニス・ストックはもっと世界を驚嘆させる写真を撮らなければと焦っていた。無名の新人俳優ジェームズ・ディーンとパーティで出会ったストックは、彼がスターになることを確信し、LIFE誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追いかけ、LA、NY、そして彼の故郷のインディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかった二人だが、次第に互いの才能に刺激されていく。そして彼らの運命だけでなく時代まで変える写真が、思わぬ形で誕生するのだが─

スタッフ&キャスト

監督:アントン・コービン『コントロール』
脚本:ルーク・デイヴィス
音楽:オーウェン・パレット『her/世界にひとつの彼女』
出演:デイン・デハーン、ロバート・パティンソン、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アレッサンドラ・マストロナルディ

原題:LIFE/2015年/カナダ・ドイツ・オーストラリア合作/配給:ギャガ
公式HP: https://dean.gaga.ne.jp

2015年12月 シネスイッチ銀座他 全国順次公開