Home 映画祭 フランス映画祭2014でのキューティー映画ご紹介!

フランス映画祭2014でのキューティー映画ご紹介!

フランス映画祭2014でのキューティー映画ご紹介!
2

festival-du-film-francais-au-japon-2014_0022回目となる、フランス映画祭2014が2014年6月27日(金)~6月30日(月)まで東京の有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇の2会場を使って行われます。また例年通り、順次全国各地でも開催される予定です。
上映が予定されている全作品は公式サイトをご覧いただくとして、去年同様、上映作品の中からキューティー映画を紹介させてもらいます。


去年は『恋のときめき乱気流』という大傑作キューティー映画を紹介してくれたフランス映画祭ですが、今年はどうでしょう?

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


今年は女性が主人公で多種多様な作品が多いように思います。さらにアーティスティックなものより、誰もが楽しめるテイストの映画も多いように思えます。

素顔のルル Lulu, femme nue|6/28(土)有楽町朝日ホール 17:30〜

作品詳細
フレンチ・コミック(バンド・デシネ)が原作の、結婚し子供を持つ女性が、ふと自分を見つめ直そうと旅に出て、そこで色々な人達と出会う…というお話です。
監督は『陽のあたる場所から』のソルヴェイグ・アンスパック。主演はカリン・ヴィアール。

バツイチは恋のはじまり Un plan parfait|6/30(月)有楽町朝日ホール 17:20〜

作品詳細
「1度目の結婚は必ず失敗する」というジンクスを持つ家系のヒロインが、大好きな彼氏との結婚のために、その前にどうでもいい男と結婚し、離婚する必要があった。そんな時、ヒロインの前に離婚するにふさわしい男が現れて…
という完璧なキューティー映画展開のお話です。
監督はヴァネッサ・パラディ&ロマン・デュリス共演のハリウッドっぽいキューティー映画『ハートブレイカー』を撮ったパスカル・ショメイユですから、キューティー映画として作られるのは確実です。
ドイツ人女優でフランス語が堪能なダイアン・クルーガーがヒロインを演じ、『ミックマック』ダニー・ブーンが相手役を演じます。他にアリス・ポル、ロベール・プラニョル、『恋のときめき乱気流』でニコラ・ブドスの友人役だったジョナタン・コエンも出演。
9月20日から全国公開されます。

間奏曲はパリで La Ritournelle|6/29(日)有楽町朝日ホール 10:30〜

作品詳細
今回cueイチオシ作品!
50代で夫婦関係の倦怠期に差し掛かっていた田舎で酪農家の妻のヒロインは、隣の家に遊びに来ていた魅力的な若い男性と出会い、夫に内緒で彼に会うためにパリに出かけて…というお話。本作はフランスでも6月公開予定のできたてホヤホヤの新作です。
熟年夫婦の恋愛を実に自然に優しく、楽しく描きます。
監督は『コパカバーナ』『探偵ポーリーヌ』のマルク・フィトゥシ。
出演は『コパカバーナ』で監督と一緒に仕事をしているイザベル・ユペール、夫役にジャン=ピエール・ダルッサン、『ナタリー』ピオ・マルマイほか。

スザンヌ Suzanne|6/30(月)有楽町朝日ホール 14:00〜

作品詳細
若手女流監督カテル・キレヴェレによる、ヤンチャな(俗にいうドキュンですね)娘と彼女を見守る父、妹。ヒロイン役のサラ・フォレスティエは『アデル、ブルーは熱い色』のアデル・エグザルコプロス主演で初の長編監督を準備中です。

バベルの学校 La Cour de Babel|6/28(土)有楽町朝日ホール 10:30〜

作品詳細
今回cueイチオシ作品!
11歳から15歳の世界中来た子どもたちがまずはフランス語を学ぶために編入される適用クラス。24の国から集まった色々な人種、宗教、生活、価値観を持つ生徒たちを追うドキュメント映画です。去年『パパの木』でインタビューしたジュリー・ベルトゥチェリ監督作。彼女は元々ドキュメント出身なので、古巣に戻った感じですね。

イヴ・サンローラン Yves Saint Laurent|6/28(土)有楽町朝日ホール 14:00〜

作品詳細
ファッションデザイナー、イヴ・サンローランを描いた話題の映画です。イヴ・サンローラン財団が公式に衣装を貸し出し、それらが映画で使われました。日本では9月6日から公開が決まっていて、すでに日本版の公式サイトも予告編もあります。
監督はジャリル・レスペール。サンローラン役をピエール・ニネが演じます。

その他、カトリーヌ・ドヌーヴ主演、フランソワ・トリュフォー監督、1969年公開作品『暗くなるまでこの恋を』のデジタルリマスター版が上映されます。(上映は6/30(月)有楽町朝日ホール 10:30〜)

フランス映画祭2014 Festival du Film Français au Japon 2014

会期:2014年6月27日(金)~6月30日(月)
会場:有楽町朝日ホール(メイン会場・有楽町マリオン11F)
   TOHOシネマズ 日劇(レイトショー会場・有楽町マリオン9F)
チケット発売:6月7日(土)10:00〜チケットぴあにて前売券発売!

公式サイト:https://unifrance.jp/festival/
主催:ユニフランス・フィルムズ
共催:朝日新聞社
後援:フランス文化・コミュニケーション省-CNC/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛:ラコステ/バリラックス/ELLE JAPON/LVT
運営:ユニフランス・フィルムズ/東京フィルメックス