Home Column 2013年 第47回スーパーボウル パーフォーマンスまとめ

2013年 第47回スーパーボウル パーフォーマンスまとめ

2013年 第47回スーパーボウル パーフォーマンスまとめ
0

アメリカ現地時間2月3日に行われた、第47回スーパーボウルのパフォーマンス映像をまとめました。
(映像はたぶんすぐ削除されると思います。)

まずは、試合前にジェニファー・ハドソンが、2012年12月14日に行ったコネチカット州乱射事件の小学校、サンディ・フック小学校のコーラスグループと一緒に「America The Beautiful」を歌います。
superbowl2013-jeniffer
ジェニファー自身、キャリアの絶頂期に、姉の元夫によって、母、兄、甥が誘拐され殺されています。さらに第54回グラミー賞授賞式では、会の直前に急死したホイットニー・ヒューストンに代わり急遽追悼パフォーマンスをしました。

続けて、アリシア・キーズによる国歌斉唱。ピアノ弾き語りの熱唱は圧巻の一言でした。
superbowl2013-alicia-key
2つ続けてどうぞ。

そしてハーフタイムショーはビヨンセです。
beyonce-superbowl2013-01
個人的にビヨンセたんはドジっ子だと思ってるので、今回もそういう意味でのハプニングを期待したのですが…
(去年のマドンナのパフォーマンスでは、ゲストのM.I.Aが中指立てよりました(笑))

https://youtu.be/U6x_HEZ55Ig
デスティニーズ・チャイルドのケリー・ローランドとミシェル・ウィリアムズがゲストで出演し、デスティニーズ・チャイルド再結成です。
beyonce-superbowl2013-02
さらにこの3人でビヨンセのヒット曲、『セックス・アンド・ザ・シティ2』の劇中でライザ・ミネリがカヴァーした「Single Ladies」が披露されました。
beyonce-superbowl2013-03
ステージ上のバンドメンバーは全員女性。ダンサー含めると、ステージには男性は1人も出ていません。
さらに何気にアバンドの各パートごとにソロパフォーマンスが織り込まれてました。
KISSのエースばりに火を噴くギターのパフォーマンスを行った、ミュージック・ディレクターでもあるギターリストのビビ・マクギル以外は全員フトモモを露出したセクシーな衣装。
beyonce-superbowl2013-04
男性中心・おっさん中心のスーパーボウルを舞台に、男性客を楽しませるエロさを醸し出しつつ、女性が元気になるようなガールズパワーを存分に提示するパフォーマンスでした。

ビヨンセはハーフタイムショウの前にオバマ大統領の2期目の就任式の国歌斉唱で口パクをしたため、今回は生歌にこだわり、それに沿ったパフォーマンスが行われました。そのせいか、踊り自体はダイナミックだったものの、ステージを立体的に使った動きのある演出はさほどされませんでした。
後半、ステージに座りこんで歌っていたのは歌唱力をキープするためでしょう。
beyonce-superbowl2013-05
個人的にリップシンクがずれなければ、口パクでもいいと思うんですよ。むしろ大きなステージで、大仕掛ありダンスパフォーマンスありなら口パクの方がダイナミックな演出が出来ますし、映像的には華やかになります。

ハーフタイムに出たアーティストの関連アルバムは、出演後、アマゾンやiTunesで急に1位になったりして売上が一時的に加速します。
しかし今回のビヨンセ、デスティニーズ・チャイルド関連は、事前にコーナーが設置されたものの、ハーフタイム後、さほど大きなアクションになっていません。

けど、ビヨンセは新譜が控えていますし、ビヨンセ自らが監督した自身のドキュメンタリー『Life Is But A Dream』がアメリカで放送予定ですから、ハーフタイムショーを中心とした仕掛けのタイミングがずれても全然問題ないのかもしれないですね。
beyonce-superbowl2013-06