Home Column 追悼 ブリタニー・マフィー

追悼 ブリタニー・マフィー

追悼 ブリタニー・マフィー
0

ブリタニー・マフィーが32歳の若さで急死しました。
09年12月20日朝、LAの自宅シャワールームで倒れているところを母親が発見。救急車で病院に運ばれましたが、そのまま帰らぬ人となってしまいました…


大きな目で大きなアクションで、ちょっと声がハスキーでセクシー…
普通なら男性人気だけのはずが、女性にも人気がある女優さんでした。
まだまだこれからだというのに…本当に残念です。

キューティー映画でブリタニーが果たした役割はとてつもなく大きいです。
「狙った男の前では色気たっぷりなセクシー美女なんだけど、普段はガサツでドジでわがままでお人好し。お勉強は出来ないけど直感が鋭くて、とにかく人間としてはダメな部類だけど、どこか憎めない人間臭い魅力あふれた女性」
『アップタウン・ガールズ』でブリタニーが演じたモリーは、キューティー映画での「がんばる主人公像」の一つの金字塔的イメージを打ち立てたと個人的に思っています。

『アップタウン・ガールズ』は彼女の魅力が全てつまった代表作だと思います。

キューティー映画でのブリタニーはいつも不器用だけどがんばる女の子を演じてきました。それがとても似合う女優さんでした。

『クルーレス』では最初はおとなしくてイモだったのが、どんどんのし上がっていく転校生キャラを好演。
このときはポチャポチャしていて、このときのブリタニー知っている人ならその後の変身ぶりに驚いたと思います。

こうだったのが
Brittany_Murphy_old
後にこうなるわけですからね。
Brittany_Murphy_now

『ジャスト・マリッジ』では当時婚約者だったアシュトン・カッチャーと共演し話題になりました。
『カレの嘘と彼女のヒミツ』では演技派女優陣に囲まれながら主演を熱演。大泣きしたり大感激したりと、ブリタニーの魅力満載の映画でした。

『ラーメンガール』では日本ロケで西田敏行と共演。
映画自体、後半のラーメン対決がグダグダなんですが、前半、ブリタニーがラーメン屋に弟子入りするあたりまでは素晴らしいです。ブリタニー演じるアビーの健気さ、日本で一人ぼっちでがんばる姿に感動します。
特に西田敏行がなかなか認めず店を締め出され、それでも諦めず、お店のトイレの掃除をしようと外でたばこをスパスパ吸いながら待つガラの悪い姿はブリタニーならでは。待ってる姿はガラ悪いのにこれがなんとも言えず可愛い姿に見えるのはブリタニーだからこそです。

この映画の凄いところは、「外国人がいる日本」ではなく「日本に外国人がいる」風に見えることです。
外国人監督・スタッフが日本を撮ると、どうしても「外国人から見た日本」になってしまいます。登場人物の外国人以外、人、風景、すべてが異質なものになってしまいがちです。

しかしこの映画では、スタッフの大半が日本人だったこともあり、まず日本が我々の知っている日本として描写されています。ブリタニーが転がり込むマンションのセットも実に日本的でリアルです。そこに外国人のブリタニーがいるのです。微妙な違いのように思えますが、この違いはとても大きい。
この映画のおかげで、ブリタニーが確かに日本にいたことがわかるのです。それだけでもこの映画は価値があります。

『私の婚活恋愛術』もオススメです。ブリタニーのゲイをカップリングしようとするおせっかいなキャラが実に魅力的。絶妙なセミヌードも見れます。何よりこの映画、ラスト近くであっと驚くゲスト出演が実に楽しいです。

私生活では、2007年に自称脚本家のサイモン・モンジャックと結婚してから、あまりいい噂を聞かなくなってしまいました。その影響か近年はメジャー作品に出れず、やれ降板したの、やれ降ろされたの、そんな話ばかり。

女優としてはキューティー映画に欠かせないタイプだったので、大作に出なくても、B級、C級映画でも、キューティー映画に出てくれれば彼女の魅力は十分伝わると思っていただけに、今回の訃報は実に残念です。

『お買い物中毒な私!』の原作者、ソフィー・キンセラが描く主人公のイメージは、僕の中では「レベッカのお買い物日記」に限らず「エマの秘密に恋したら…」もブリタニーがイメージでした。

レベッカのお買いもの日記 1 (ヴィレッジブックス S キ 1-1)

レベッカのお買いもの日記 1 (ヴィレッジブックス S キ 1-1)書籍

作者ソフィー・キンセラ

クリエーター飛田野 裕子

発行ヴィレッジブックス

発売日03.03.20

カテゴリー文庫

ページ数468

ISBN4863326785

Supported by amazon Product Advertising API

エマの秘密に恋したら… (ヴィレッジブックス)

エマの秘密に恋したら… (ヴィレッジブックス)書籍

作者ソフィー キンセラ

クリエーターSophie Kinsella, 佐竹 史子

発行ヴィレッジブックス

発売日2007-04

カテゴリー文庫

ページ数429

ISBN4789730824

Supported by amazon Product Advertising API


最後にブリトニーの歌を。

このビデオはプッシー・キャット・ドールズ(PCD)と共演したものです。PCDは元々下着姿で古い歌を歌うという「バーレスク」(19世紀からヨーロッパである、下着を着て行うお色気ショーのこと)を行っていました。そこにゲスト出演して歌ったものです。ブリタニー、歌メチャメチャうまいです。