Home Column 『アナと雪の女王』の「Let It Go ありのままで」色々

『アナと雪の女王』の「Let It Go ありのままで」色々

『アナと雪の女王』の「Let It Go ありのままで」色々
0

let-it-go-covers_00『アナと雪の女王』のアルバムが、全米ビルボードチャートで8週連続1位を達成。しかも2位以下を大きく引き離しての1位です。
日本でも配信のみだった日本版劇中歌収録のCDが急遽発売決定になるなど、ミュージカル映画らしく音楽面で強さを見せています。その中でも「Let It Go(邦題:ありのままで」は大人気。ちょっと他でまだ紹介していない「Let It Go」を集めてみました。


ネット動画は世界中の人たちの「Let It Go」のカヴァーであふれています。
有名なところでは、11歳のナリキリ少女の歌や、25ヶ国語バージョンの歌手の歌ってる姿を撮影したものなどは、もうあちこちで紹介されているので省略させてもらうとして、まずは男性歌手によるカヴァーから。

ブロードウェイ俳優で 『ジョイフル♪ノイズ』にも出演していたジェレミー・ジョーダンによる「Let It Go」
男性でこの歌いっぷりはさすがです。
https://youtu.be/vlvIWDPhvS8

グラスなど台所グッズを使っての「Let It Go」。本編ではお城がせり上がるところの間奏部分の演奏は見事。オチも面白いです。

日本からは三味線バージョンです。1番で終わるのが残念。間奏部分の三味線の早弾きを聞きたかった…(笑)

エンディングを歌っているデミ・ロヴァートは、今コンサートでこの曲を歌うとき、小さい子をステージにあげて一緒に歌っています。一生懸命歌う女の子たちと、優しくフォローするデミと、温かい声援を送る会場…感動します。