Home Column コリン・ファース特集

コリン・ファース特集

コリン・ファース特集
0

コリン・ファースは2010年『英国王のスピーチ』でアカデミー主演男優賞を受賞しました。誰もが認める演技派男優です。
キューティー映画では『ブリジット・ジョーンズ』シリーズの、ブリジットの彼氏役、『マンマ・ミーア』の彼氏の1人役などが有名ですが、意外とおちゃめな面もあるようで、コメディ映画ではせっかく築き上げたかっこいいイメージが崩れるくらい、思い切った芝居を披露して楽しませてくれます。
そんなコリン出演のキューティー映画を集めてみました。


『聖トリニアンズ女学院』シリーズなんて、内容的にかなりハチャメチャなので、コリンは名前貸しの出演程度と思いきや…全力で役にぶつかってます(笑)これが実に楽しい。演技派だけど偉そうぶらずこういう映画でもちゃんと求められる役を演じきるあたりはサスガです。
『アーネスト式プロポーズ』では共に恋する女性に歌を披露していたルパート・エヴェレットと、この映画では恋仲…というのも面白いですね。

オススメは『ロイヤル・セブンティーン』での父親役。
緊張するとメモを見ながらじゃないとしゃべれない、という設定があるのですが、これをコリンが実に巧みに演じていて、それがラストの感動的なシーンに繋がります。
この映画の中では自ら若いころ聞いていた音楽を、自分が演じる父親が若いころ聞いていた音楽として使うことを提案。これがうまくはまっていてコリンが音楽を聞きながら楽しそうに弾ける演技を見せてくれます。
[cptr]