Home Column 第86回アカデミー賞パフォーマンスまとめ

第86回アカデミー賞パフォーマンスまとめ

第86回アカデミー賞パフォーマンスまとめ
1

86th-academy-award-show_00現地時間3月2日(日本時間3月3日)に行われた第86回アカデミー賞のパフォーマンスをまとめました。司会は 『エレンの部屋』で有名なエレン・デジェネレス。第79回アカデミー賞以来の司会です。


イベント前のレッドカーペットで、観客の声援に応えながら歩いていたジェニファー・ローレンスが去年に引き続いてまたコケたりしてましたが

今年のアカデミー授賞式は総じて「地味」という感じでした。去年が「ミュージカル映画」というテーマで歌や踊りで華やかだった分、今年は淡々と賞の発表をこなした印象です。

今年は歌唱曲にノミネートされた曲が全曲、舞台上で歌われました。
まずは今回唯一、パフォーマンスでダンサーが出てきたファレル・ウィリアムス。客席に降りて女優さんと対面すると、みんなちゃんとパフォーマンスしてくれました。

ファレル・ウィリアムス「Happy」~『怪盗グルーのミニオン危機一発』より

カレンOが歌った「The Moon Song」はバックのプロジェクターに映る月の動きと、ゆっくり寄ってくるカメラワークとの連動がとても素晴らしく、シンプルながら番組を観ている人には素晴らしい効果をあげていたと思います。
ちなみに、カレンOを紹介するザック・エフロンが登場する時にかかっている音楽に注目?です。『ヘアスプレー』ですね。

カレンO「The Moon Song」~『her/世界でひとつの彼女』より

U2はさすが、余裕のパフォーマンスでした。

U2「Ordinary Love」~『マンデラ 自由への長い道』より

そして、満を時してのイディナ・メンゼルの登場です。ディズニー・アニメ『アナと雪の女王』の大ヒットを引っ張った名曲「Let It Go」が、世界中が期待される中歌われたのですが…
あれれ?イディナ緊張したのでしょうか?伴奏のオケより若干歌のテンポが早い。ステージ上のモニターの返りが悪かったのかな?微妙にずれたり戻ったり…最後はさすがの熱唱で締めてスタンディング・オベーションとなりましたが、う~~ん(笑)

イディナ・メンゼル「Let It Go」~『アナと雪の女王』より

今年、75周年の『オズの魔法使』のトリビュートとして、P!nkが名曲「虹の彼方に(Over The Rainbow)」を歌いました。
最初、P!nkに映像がかかっていたので、前面からプロジェクターの映像を映写しているのかな?と思ったら、薄いスクリーンの向こう側で歌っていたんですね。

P!nk「虹の彼方に」

そしてベット・ミドラーは追悼コーナーで登場。『フォーエヴァーフレンズ』の主題歌「愛は翼にのって」を歌いました。
この曲は元々ベット・ミドラーのオリジナルではないのですが、彼女にとっては初のグラミー賞と全米チャート1位をもたらした代表曲です。

しかし、今回何より一番盛り上がったのが舞台上ではなく、エレンがスターたちと撮った写真をその場でツイッターにアップした時です。

エレンがメリル・ストリープを中心に近くに座っていたスターたちを呼び寄せパチリ。その写真に「ブラッドリーの腕が長いおかげで最高の写真が撮れたわ」というコメントを付けてアップ。それをRTしようと世界中の人々が殺到。瞬時に10万RTを記録(30分で40万RTとか)。で、ツイッターが落ちました(笑)

その撮影時の様子です。

そしてアップされた写真がこちら。まずは最初に『オズの魔法使』トリビュート企画で、主演のジュディ・ガーランドの娘ということで来ていたライザ・ミネリと撮ったのがこれ
86th-academy-award-show_01
ボケボケのブレブレです(笑)

次が問題のスターの写真。
86th-academy-award-show_02
向かって左から、目と鼻だけがジャレッド・レトー(助演男優賞受賞)、ジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープ、メリルの上がチャニング・テイタム、ジュリア・ロバーツ、ケヴィン・スペイシー、ブラッド・ピット、ルピタ・ニョンゴ(助演女優賞受賞)、目と手だけのアンジェリーナ・ジョリー。真ん中はエレンとブラッドリー・クーパーですね。ブラッドリー・クーパー、撮影上手いですね~。
アンジェリーナ・ジョリーの手前の黒人男性はルピタ・ニョンゴの兄弟(一般人)です。何映ってんだよ!場の空気読んで退けよ!この素人風情がっ!!(こいつが何者か調べるのにどんだけ時間かかったか…(笑))ここにディカプリオかマコノヒーが加われば、ツイッターどころかアメリカのネットワークさえも落ちたかもしれないのに…

こちらはテレビカメラから撮った撮影時の模様です。こちらはジャレッド・レトーもアンジェリーナ・ジョリーもちゃんと写っていますが、今度はチャニング・テイタムが写ってません…なかなか上手くいかないものですね(笑)
86th-academy-award-show_03