Home Column 第3回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA

第3回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA

第3回オーストラリア・アカデミー賞 AACTA
0

3rd-aacta-awards_002013年度、第3回オーストラリア・アカデミー賞(AACTA)が現地時間1月30日に発表されました。(28日に先行で一部発表がありましたが)


オーストラリアのアカデミー賞は1958年から行われていました。2010年からテレビ部門も含まれる総合的な賞「AACTA」に変わりました。AACTAとしては今年で第3回となります。
AACTAには世界中の映画から選考するインターナショナルとオーストラリア映画のみで選考するものがあります。
今回表記するのは、自国製作映画のみに送られるAACTAで、その中でも映画部門だけです。

今年は映画部門14部門中13部門でノミネートされていた『華麗なるギャツビー』の圧勝です。受賞を逃したのは主演女優賞のキャリー・マリガンのみで他は全て受賞。他の作品はほとんど日本未公開作品ばかりです。
『The Turning』はティム・ウィントンの同名短編集「The Turning」を原作に、17人の監督が短編を撮ったオムニバス映画です。今回監督賞、脚本家、それぞれにノミネートされていますが「The Turning Ensemble」というグループ名でノミネートされています。

第3回オーストラリア・アカデミー賞 映画部門

作品賞

『華麗なるギャツビー』
https://youtu.be/vuQhprtLJ3k
『Dead Europe』

『Mystery Road』

『The Rocket』

『Satellite Boy』
https://youtu.be/vNTl1mnW084
『The Turning』

監督賞

バズ・ラーマン『華麗なるギャツビー』
アイヴァン・セン『Mystery Road』
キム・モダン『The Rocket』
The Turning Ensemble『The Turning』

脚本賞

コリン・ケアンズ & キャメロン・ケアンズ『100 Bloody Acres』
モーガン・オニール & ティム・ダフィー『ドリフト』
アイヴァン・セン『Mystery Road』
キム・モダン『The Rocket』

脚色賞

クリストファー・ハンプトン『Adoration』
ルイス・フォックス『Dead Europe』
バズ・ラーマン & クレイグ・ピアース『華麗なるギャツビー』
The Turning Ensemble『The Turning』

主演男優賞

レオナルド・ディカプリオ『華麗なるギャツビー』
シシーフォン・ディザモエ『The Rocket』
ユエン・レスリー『Dead Europe』
ヒューゴ・ウィーヴィング『The Turning』

主演女優賞

ローズ・バーン『The Turning』
キャリー・マリガン『華麗なるギャツビー』
タスマ・ウォルトン『Mystery Road』
ナオミ・ワッツ『Adoration』

助演男優賞

マートン・チョーカシュ『Dead Europe』
ジョエル・エドガートン『華麗なるギャツビー』
ステープ・ポー=ンガム『The Rocket』
アンガス・サンプソン『100 Bloody Acres』

助演女優賞

エリザベス・デビッキ『華麗なるギャツビー』
アイラ・フィッシャー『華麗なるギャツビー』
ミラー・フォークス『The Turning』
アリス・キーアフゴン『The Rocket』

撮影賞

『ドリフト』
『Goddess』
『華麗なるギャツビー』
『The Rocket』

編集賞

『Mystery Road』
『華麗なるギャツビー』
『The Rocket』
『The Turning』

音響賞

『華麗なるギャツビー』
『Mystery Road』
『The Rocket』
『Satellite Boy』

作曲賞

ジェド・カーゼル『Dead Europe』
マイケル・イェツェルスキー『ドリフト』
クレイグ・アームストロング『華麗なるギャツビー』
ケイトリン・ヨヒ『The Rocket』

美術賞

『Adoration』
『Goddess』
『華麗なるギャツビー』
『The Rocket』

衣装デザイン賞

『Adoration』
『Goddess』
『華麗なるギャツビー』
『The Rocket』

視覚効果賞

『華麗なるギャツビー』