Home Column 2014年トニー賞オープニングはヒュー・ジャックマンがピョンピョン飛び跳ねる(動画あり)

2014年トニー賞オープニングはヒュー・ジャックマンがピョンピョン飛び跳ねる(動画あり)

2014年トニー賞オープニングはヒュー・ジャックマンがピョンピョン飛び跳ねる(動画あり)
2

現地時間6月9日に米国演劇界の最高賞トニー賞の68回目となる授賞式がありました。司会はヒュー・ジャックマン。そのオープニングはとても面白い演出でした。


去年は司会のニール・パトリック・ハリスが舞台で豪華絢爛なショーを見せてくれました。

現地時間6月9日に米国演劇界の最高賞トニー賞の67回目となる授賞式がありました。司会はニール・パトリック・ハリス。3度目の司会となります。そのニールがオープニングで披露した歌と踊りの映像です。とにかくす...

ヒューは1953年のミュージカル映画『Small Town Girl』でのボビー・バンを真似て、両足でピョンピョン跳ねながら、会場の外から内へと移動していきます。

これ、オリジナルの映画のボビー・バンのピョンピョン跳びも凄いのですが、映画だから何度かカットを割っているので、常に跳んでいたわけではありません。けどヒューはライブです。これは相当大変だと思います。凄い!

ヒューがピョンピョン跳ねながら途中で出会っていくのは、今年ノミネートになったり話題になったりしたミュージカルたち。彼らと遭遇すると、その時はBGMもそのミュージカルの曲が流れたり、実に小粋です。

ヒューは会場外から中に入り、ステージに上って服を着替え、ステージ横のスティングに挨拶をし、楽屋裏へ。
ロッキーの横で縄跳びの二重跳びをしてみたり、エレベーターでは去年の司会者ニール・パトリック・ハリスと一緒になり(笑)、ここでちょっと休憩した後、アフター・ミッドナイトのジャズをピアノに座って聞きながら、最後にはカメオ出演のクリント・イーストウッド(今年公開のミュージカルの映画化『ジャージー・ボーイズ』の監督)とすれ違い、再び舞台に戻るという、とても楽しいオープニングになりました。