Home Column スカーレット・ヨハンソンがあちこちで大活躍

スカーレット・ヨハンソンがあちこちで大活躍

スカーレット・ヨハンソンがあちこちで大活躍
1

2014-scarlett-johansson_00ここ最近のスカーレット・ヨハンソンは絶好調としかいいようがありません。大作から小品まで、アクションからコメディまで、実に多彩に活動しています。そんなスカーレット・ヨハンソンのこれからの作品を追ってみました。


マーベルヒーローの『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が4日から全米で公開され大ヒットスタートしました。
この映画のヒロインで準主役はブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンです。ブラック・ウィドウはすでにアイアンマンなどにも出演し、アベンジャーズ・シリーズの重要かつ人気キャラです。近々ブラック・ウィドウ主演映画も作られる予定です。

同日、アメリカではスカーレット・ヨハンソン主演の不思議な小規模なSF映画『Under The Skin』が全米4館で限定公開されました。初動の興収は2014年の限定公開映画としては2位を記録し、インディペンデント映画としては大ヒットのスタートです。

エイリアンであるヒロインが、男たちを餌食にしながら人間社会を眺めていくという、SFのようなゴシックホラーのような社会風刺も含まれる、何とも不思議な雰囲気と内容の、ミッシェル・フェイバーの同名小説の映画化です。監督はニコール・キッドマン主演『記憶の棘』のジョナサン・グレイザー監督。PV監督出身としてジャミロクアイのPVで知られています。

彼女は4月4日、メジャー映画とインディペンデント映画の両方で、1位スタートとなった作品の主要キャラを演じていたことになります。これは珍しいことですが、彼女のキャリアの充実ぶりを象徴している出来事だと思います。

そして、5月9日にはジョン・ファブロー監督・主演のコメディ『Chief』が全米公開。
一流レストランのシェフが首になり、ケイタリング・カーでサンドイッチを作りながら再出発するというお話。彼女は主人公の憧れのヒロインを演じます。
共演者が超豪華で、ロバート・ダウニー・Jr、ダスティン・ホフマン、ソフィア・ベルガラらが出演しています。

さらに全米で8月公開、リュック・ベンソン監督作品で、薬の大量摂取のため特殊能力を持ってしまったスーパー・ヒロインを演じるアクションSF映画『Lucy』が控えています。

日本ではちょっと前に、ジョセフ・ゴードン=レヴィット初監督・脚本作『ドン・ジョン』が公開。主人公の憧れの恋人役を演じました。この役、久々にスカーレット・ヨハンソンの魅力爆発でとても良かったです。超セクシーなのにキューティー映画好きというのが実に素晴らしい設定でした(笑)

さらに6月28日、日本公開のスパイク・ジョーンズ監督・脚本、アカデミー脚本賞受賞作『her/世界でひとつの彼女』で、主人公の相手役、人工知能の声を演じます。
彼女は一切姿が出ない声優としての参加なのですが、様々な賞で、声だけなのに受賞したりノミネートされたりと演技が絶賛されていました。彼女の声って、深味があって、ちょっとかすれてるのがとてもセクシーです。とても楽しみです。

スカーレット・ヨハンソン出演のキューティー映画は『そんな彼なら捨てちゃえば?』、ウッディ・アレンが一時惚れ込んで『恋するバルセロナ』『タロットカード殺人事件』『マッチ・ポイント』、古くは『スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦』などがありますが、いずれもアンサンブル系か、ちょっとひねった系。
単独主演作で王道的なキューティー映画だと『私がクマにキレた理由』くらいです。

私がクマにキレた理由<特別編> [DVD] DVD

価格¥1,590

順位64,843位

出演スカーレット・ヨハンソン, ローラ・リニー, ポール・ジアマッティ, ほか

監督シャリ・スプリンガー・バーマン, ロバート・プルチーニ

発行ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

発売日14.02.05

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


この作品、本編を見るまではすごく期待したんですけどねぇ…『プラダを着た悪魔』の大ヒット後でしたし。ただ、子育て&子どもとの友情というテーマだと、ブリタニー・マーフィ&ダコタ・ファニングの大傑作『アップタウン・ガールズ』があるので、どうしても比較してしまいます。

アップタウン・ガールズ(特別編) [DVD] DVD

価格¥5,133

順位96,296位

出演ブリタニー・マーフィ, ダコタ・ファニング, マーリー・シェルトン, ほか

監督ボアズ・イエーキン

発行20th Century Fox Jp

発売日10.02.02

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


彼女の今の雰囲気やキャリアの進め方をみてると出にくいかもしれませんが、ぜひキャリアを充実させている今こそ、王道のキューティー映画でヒロインを演じてほしいですね。

超セクシーなのに実はドジっ子でコケ芝居をしたり、イケメンを見てボーっとして、冷静になるためにブンブン頭を振ったり、キャー!と女同士の取っ組み合いでウェディングケーキとかに突っ込むスカーレット・ヨハンソンを見たいものです。