Home 海外版予告編 2018年カンヌ映画祭監督賞受賞作『Zimna Wojna(英題:Cold War)』予告編

2018年カンヌ映画祭監督賞受賞作『Zimna Wojna(英題:Cold War)』予告編

2018年カンヌ映画祭監督賞受賞作『Zimna Wojna(英題:Cold War)』予告編
0

ヨアンナ・クーリグ(『イーダ』)主演、2014年アカデミー賞外国映画賞受賞作『イーダ』パヴェウ・パヴリコフスキ監督の最新作、先日行われた第71回カンヌ映画祭で監督賞を受賞した『Zimna Wojna(英題:Cold War)』の予告編が公開されました。


冷戦時代、1950年代のポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、パリを舞台に、全く立場も生まれも違う女性歌手(ヨアンナ・クーリグ)と男性ピアニスト(トマシュ・コト)が、10数年の間、何度も会っては別れを繰り返す様を描きます。

アガタ・クレシャ、ボリス・シッツ、フランス人監督セドリック・カーン、ジャンヌ・バリバールらが出演。
監督・脚本は『イーダ』でパヴェウ・パヴリコフスキ。16年ぶりにコンペ部門に出品された本作で第71回カンヌ映画祭で監督賞を受賞しました。共同脚本に『ワレサ 連帯の男』ヤヌシュ・グロワツキ。

予告編はヨアンナ・クーリグの歌に乗せたイメージ映像でストーリー説明を具体的にしているものではありませんが、今回も『イーダ』と同じ撮影監督ウカシュ・ジャルによる白黒映像が見事です。映画の題材的に劇中で流れる音楽も楽しみです。

現在全米公開、日本公開等の一切の情報はありませんが、日本公開は確実だと思うので、公開が楽しみな作品です。