Home 海外版予告編 ウディ・アレン最新作『Wonder Wheel』予告編

ウディ・アレン最新作『Wonder Wheel』予告編

ウディ・アレン最新作『Wonder Wheel』予告編
0

ウディ・アレン最新作、ケイト・ウィンスレット、ジャスティン・ティンバーレイク、ジューノ・テンプル出演『Wonder Wheel』の予告編が公開されました。


『Wonder Wheel』は1950年代のニューヨーク、コニーアイランドを舞台に4人のキャラクターたちを描きます。ジニー(ケイト・ウィンスレット)は元有名女優。今は遊園地技師の夫ハンプティ(ジェームズ・ベルーシ)と一緒に、遊園地のレストランのウェイトレスとして働いています。遊園地の近くの産みには若くてハンサムな海岸警備員のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)がいます。彼は劇作家志望です。ある日、ジニーとハンプティ夫婦のもとに、長年音信不通だった娘のカロライナ(ジューノ・テンプル)がやってきます。彼女はマフィアたちから逃げてきたのでした…

前作『カフェ・ソサエティ』に続いて『ラストタンゴ・イン・パリ』『地獄の黙示録』『ラストエンペラー』などの名カメラマン、ヴィットリオ・ストラーロがデジタルカメラで撮影を担当。

本作の撮影はここ最近のウディ・アレン映画の撮影でおなじみのダリウス・コンジに戻る予定でしたが、スケジュールが合わず、再びヴィットリオ・ストラーロとなりました。前作では控えめでしたが、今回は彼らしい強烈な光の演出、シャープなレイアウトでウディ・アレン映画に新たな見どころを提供しているようです。アップでの広角気味なショットの多様といい、ほんと画がかっこいいですね。

アマゾン・スタジオ初の単独配給となる『Wonder Wheel』の全米公開日は12月1日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です