Home 海外版予告編 シャーリーズ・セロンが現代の母親をリアルに演じる『Tully』特報

シャーリーズ・セロンが現代の母親をリアルに演じる『Tully』特報

シャーリーズ・セロンが現代の母親をリアルに演じる『Tully』特報
1

シャーリーズ・セロンが現代の母親像をリアルに演じる『Tully』の特報が公開されました。


乳児を含む3人の子育てで日々疲れている母親マルロ(シャーリーズ・セロン)をみかねて、弟(マーク・デュプラス)がベビーシッターを呼んでくれます。やってきたのはタリー(マッケンジー・デイヴィス)という若い女性。マルロとタリーの関係を描くお話です。

脚本ディアブロ・コーディ、監督ジェイソン・ライトマンという、『ヤング≒アダルト』の時のトリオが復活しました。

『ヤング≒アダルト』(2011)の、主演シャーリーズ・セロン、脚本ディアブロ・コーディ、監督ジェイソン・ライトマンが再結集する『Tully』の全米公開日が設定されました。現場写真のシャーリーズ・セロンがすごい...

以前撮影風景をお伝えしましたが、特報を見てもわかるように、シャーリーズ・セロンはこの映画のために体型をどっぷりとさせ、現代のどこにでもいる母親を演じるシャーリーズ・セロンに注目です。また、今回の特報では、タイトルにもなっているマッケンジー・デイヴィス演じるタリーの登場が実に上手く演出されています。
タリーというキャラクターの詳細についても今後予告編でわかってくるのが楽しみです。

『Tully』の全米公開は2018年4月20日です。

Comment(1)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.