Home 海外版予告編 ノルウェーの天才フィギュアスケーターで女優のソニア・ヘニーを描く『Sonja – The White Swan』予告編

ノルウェーの天才フィギュアスケーターで女優のソニア・ヘニーを描く『Sonja – The White Swan』予告編

ノルウェーの天才フィギュアスケーターで女優のソニア・ヘニーを描く『Sonja – The White Swan』予告編
0

ノルウェー出身の天才フィギュアスケーターでハリウッド女優に転身した、ソニア・ヘニーの華麗な半生を描く『Sonja – The White Swan』をご紹介。


1912年ノルウェーで生まれたソニア・ヘニーは、14歳から10年間、世界フィギュアスケート選手権で連続優勝、冬季オリンピックでは当時最年少の15歳で優勝し、その後計3連覇。ヨーロッパフィギュア選手権では6連覇…とフィギュアスケーターとして輝かしい成績をおさめた後、1936年にはハリウッドで女優に転身。その後何度も金持ちとの結婚・離婚を繰り返しセレブとして人生を終えています。

そんな彼女のハリウッドに進出してからの華やかなで孤独な生活を描きます。
ソニア役にインネ・マリー・ウィルマン(『妹の体温』)。
監督は『妹の体温』アンネ・セウィツキー。脚本はMette M. Bølstad、Andreas Markusson。

こちらは特報です。

そしてこちらが予告編です。本国ノルウェーでは2018年12月25日に公開されました。アメリカではサンダンス映画祭で上映されます。

1936年ソニア・ヘニーの女優デビュー作『銀盤の女王(One in a Million)』です。

最初のカットはミニチュア撮影、そしてへっぽこガールズ楽団、ミュージカル・コメディ…たまりません。キューティー映画してます。
ソニア・ヘニーのスケートシーンも要所要所にちゃんとあります。けど英語の台詞ははかなりなまってて棒読みです(笑)。ラストはソニアのリンクでのスケーティングをたっぷり見せてくれます。