Home 海外版予告編 ニック・ロビンソンが恋するゲイの高校生を演じる青春映画『Love, Simon(原作邦題:サイモンvs人類平等化計画)』予告編

ニック・ロビンソンが恋するゲイの高校生を演じる青春映画『Love, Simon(原作邦題:サイモンvs人類平等化計画)』予告編

ニック・ロビンソンが恋するゲイの高校生を演じる青春映画『Love, Simon(原作邦題:サイモンvs人類平等化計画)』予告編
0

ニック・ロビンソン(『エブリシング』『ジェラシック・ワールド』)主演、キャサリン・ラングフォード(「13の理由」)共演、ゲイの高校生の恋と青春をミステリアスな憧れのメール相手探しを絡めて描く青春映画『Love, Simon(原作邦題:サイモンvs人類平等化計画)』の予告編が公開されました。


17歳の高校生サイモン()は隠れゲイ。そんな彼が唯一何でも話せるのが、ネットで知り合った”ブルー”なる人物。ブルーはどうも同級生らしいのですが誰かわかりません。サイモンのブルーへの想いは日増しに強くなるばかり…という、ミステリアスな恋の相手を探す青春映画です。
女性作家ベッキー・アルバータリの「Simon vs. the Homo Sapiens Agenda」が原作です。邦題「サイモンvs人類平等化計画」で出版されています。

サイモンvs人類平等化計画 (STAMP BOOKS)

サイモンvs人類平等化計画 (STAMP BOOKS)書籍

作者ベッキー・アルバータリ

クリエーター三辺 律子

発行岩波書店

発売日17.07.20

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数380

ISBN4001164175

Supported by amazon Product Advertising API


サイモンの親友役に「13の理由」でヒロインを演じていたキャサリン・ラングフォード、サイモンの母親役にジェニファー・ガーナー、その他アレクサンドラ・シップ(『X-MEN:アポカリプス 』)、ジョージ・レンデボーグ・Jr(『スパイダーマン:ホームカミング』)、ローガン・ミラー(『ビフォア・アイ・フォール』)など今後が期待される若手俳優たちが出演しています。

監督は『かぞくはじめました』グレッグ・バーランティ。彼はゲイであることを公言しており、「ARROW/アロー」「HE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」など一連のDCコミックのドラマシリーズの企画・製作総指揮を務めています。
脚本は「THIS IS US 36歳、これから」アイザック・アプテーカー&エリザベス・バーガーの男女コンビ。
配給・製作は20世紀FOX。『きっと、星のせいじゃない。』の製作チームによる作品ですから、青春映画としてかなり期待できるスタッフ構成です。

実際予告編を見ても、主人公の恋する気持ち、そして彼の周りの家族や友達たちとの関係などを、コミカルに、軽やかに、それでいてちゃんと共感できる感動テイストも入れて、良質でメジャー感あふれる青春映画に仕上がっているようで観るのが楽しみな作品です。

全米公開は2018年3月16日です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です