Home 海外NEWS ダコタ・ファニング主演、スター・トレック ファンの自閉症女性の冒険を描く『Please Stand By』予告編

ダコタ・ファニング主演、スター・トレック ファンの自閉症女性の冒険を描く『Please Stand By』予告編

ダコタ・ファニング主演、スター・トレック ファンの自閉症女性の冒険を描く『Please Stand By』予告編
0

ダコタ・ファニング主演、スター・トレックの脚本を持ち込むため、施設を抜け出し一人旅をすることになる自閉症の女性の冒険を描く『Please Stand By』の予告編が公開されました。


自閉症のウェンディ(ダコタ・ファニング)はカフェで仕事をしつつ、スター・トレックの500ページにもなる脚本を書き上げました。それをコンテストに出すため施設を抜け出しロサンゼルスに向かう…というお話です。
トニ・コレット、アリス・イヴ、パットン・オズワルト、トニー・レヴォロリらが出演。

監督は『セッションズ』ベン・リューイン、脚本は「GRIMM/グリム」マイケル・ゴラムコ。
警官役のパットン・オズワルト(オタクで有名)が、逃げるダコタ・ファニングとクリンゴン語で会話するシーンなど、トレッキーにはたまらないシチュエーションを挟み込みながら、ちゃんと1人の女性の冒険&成長ストーリーになっているようで期待できます。そしてヒロインのお供をする小さな犬が『キューティ・ブロンド』のチワワ、ブルーザーを思わせますね。

ポスターのダコタの手のポーズ。トレッキーならご存知の、ミスター・スポックらヴァルカン人式挨拶です。

2018年1月26日に全米公開&配信開始です。

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です